東京財団メールマガジン

Vol.715【論考「官僚の天下り問題:ニーズがある限りイタチごっこは続く」】

_____________________________2017/06/09

―――――――― 【東京財団メールマガジン Vol.715】 ――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓論考「官僚の天下り問題:ニーズがある限りイタチごっこは続く」
┃┃  加藤創太 東京財団常務理事、上席研究員
┗┛────────────────────────────────
文部科学省が3月30日、同省OBらによる再就職あっせん問題についての最終
調査報告を出した。43人もの職員を処分するなど、文科省が組織的にこの件
に関わっていたことが改めて明らかになった。文科省は…

▼ 本文はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2sa6fYO

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
▼ 東京財団 税・社会保障調査会   連載コラム「税の交差点」第17回
   「新たな財政目標と財政ポピュリズム」
   森信茂樹 東京財団上席研究員
 http://s.tkfd.or.jp/2sl0rLo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] メディア掲載情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………………………
6月7日付の『朝日新聞』「耕論『負動産のゆくえ』」に、吉原祥子研究員の
記事「売れない土地をどう活用」が掲載されました。

▼ 国土資源保全プロジェクトはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2sJIDY0

▼ 吉原研究員のプロフィール等はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2skvhnK

…………………………………………………………………………………………
6月13日号の『週刊エコノミスト』「FLASH!」に、浅野貴昭研究員の記事
「貿易めぐり米と日欧に溝 保護主義に進む余地も」が掲載されました。

▼ 浅野研究員のプロフィール等はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2rc3gtC

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] イベント案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓ 第107回 東京財団フォーラム
┃┃ 「漁業資源管理と公平性」
┃┃   2017年6月21日(水)14:00~15:30@日本財団ビル
┃┃   http://s.tkfd.or.jp/2rcacqU
┗┛────────────────────────────────
世界の漁業と水産業の潮流は、資源保護の持続性や産業としての生産性、消
費者のニーズに応えた質の向上を目的に、積極的に管理を進める方向にむか
っています。また、漁業・水産業は地方産業の中核ともなりうるポテンシャ
ルを有しており、地方における産業振興の観点からも社会的インパクトが大
きい産業に位置づけられます。

本フォーラムでは、世界最先端の生態系研究機関である米国・スミソニアン
環境研究所よりアンソン・ハイネス所長をメインスピーカーに迎え、世界的
な水産資源消費が拡大するなかで水産大国日本の漁業はこの課題にどう向き
合うべきか、その方向性を議論します。奮ってご参加ください。


【日時】2017年6月21日(水)14:00~15:30(開場13:30)

【会場】日本財団ビル2階会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
        http://www.tkfd.or.jp/access

【テーマ】「漁業資源管理と公平性」

【登壇者】アンソン・ハイネス(米国・スミソニアン環境研究所所長)
         小松正之(東京財団上席研究員)
         八田達夫(東京財団名誉研究員)※モデレーター

【定員】200名(先着順)

【使用言語】日英同時通訳

【参加費】無料


▼ お申し込みはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2rcacqU

──────────────────────────────────
東京財団メールマガジンは、ウェブサイトからご登録いただいた方や財団役
職員・研究員が名刺交換させていただいた方、東京財団が主催、共催するイ
ベントにご登録いただいた方にお送りしています。

▼ 新規登録はこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/m-magazine

◎ メールマガジンの宛先変更は、ご登録いただいている旧メールアドレス
  の配信を解除して、新メールアドレスの新規登録を行ってください。

▼ お問い合わせはこちら
 https://www.tkfd.or.jp/inquiry/

このメールマガジン(tkfd_news@tkfd.or.jp)は送信専用ですので、返信は
お受けできません。

このメールマガジンは、MSゴシックなどの等幅フォント設定でのご利用を推
奨します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
…………………………………………………………………………………………
 東┃京┃財┃団┃メールマガジン -The Tokyo Foundation news-
 ━┛━┛━┛━┛
 発行:公益財団法人 東京財団
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3F
 お問い合わせ:https://www.tkfd.or.jp/inquiry/
 TEL 03-6229-5504  FAX 03-6229-5508
…………………………………………………………………………………………
 Website   http://www.tkfd.or.jp
 facebook  https://www.facebook.com/tokyofoundation
 twitter   https://twitter.com/tokyofoundation
――――――――――――――――――――――――――――――――――
    Copyright (C) 2017 The Tokyo Foundation All rights reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――