東京財団メールマガジン

Vol.705【トランポノミクスの行方―国境調整税とは?/中国国防費の高まり、人民解放軍の不満」】

_____________________________2017/04/06

―――――――― 【東京財団メールマガジン Vol.705】 ――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────────────────────────────
■┓論考「トランポノミクスの行方(上)
┃┃      国境調整税、各国税制に影響―海外移転促すゆがみ是正」
┃┃   星岳雄 東京財団理事長
┗┛────────────────────────────────
トランプ米政権の発足から2カ月が過ぎた。経済政策に関して一つ明確にな
ったのは国際経済政策だろう。環太平洋経済連携協定(TPP)など多国間で
の国際経済活動に関する包括的なルールを構築するために指導的な役割を果
たそうとする政策から…

▼ 続きはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2nGQu4T

──────────────────────────────────
■┓Views on China論考「国防費の伸びと人民解放軍の不満」
┃┃   小原凡司 東京財団研究員
┗┛────────────────────────────────
2017年3月4日、中国の2017年度予算案の国防費が、前年度実績比で「7%前
後」増加すると発表された。翌5日に開幕する第12期全国人民代表大会(全
人代)第5回会議を前に、全人代の傅瑩報道官が記者会見で明らかにしたも
のだ。 7%の増加率は、依然高く、経済成長率を上回ってもいるが…

▼ 続きはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2nNoOvZ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
▼ “Views on China”― 中国の今、プロが観る
  論考「中国共産党の治安対策」
    金野純 学習院女子大学・国際文化交流学部准教授
 http://s.tkfd.or.jp/2oM4FHA

──────────────────────────────────
▼ 東京財団 税・社会保障調査会
  寄稿「こども保険の怪~教育・保育の充実に名を借りた格差拡大策だ」
   田中秀明 明治大学公共政策大学院教授
 http://s.tkfd.or.jp/2neqW3D

…………………………………………………………………………………………
  連載コラム「税の交差点」第9回
  「『こども保険』の問題提起するもの」
   森信茂樹 東京財団上席研究員
 http://s.tkfd.or.jp/2o5DB7Q

──────────────────────────────────
▼ アメリカ大統領権限分析プロジェクト
  論考「戦争権限をめぐるオバマ政権の独自の姿勢」
   渡部恒雄  笹川平和財団特任研究員
 http://s.tkfd.or.jp/2o5NTVC

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 書評連載
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--------------------------------------------------------------------
■ David Kennedy著"A World of Struggle: How Power, Law, and
   Expertise Shape Global Political Economy"
 (Princeton University Press, 2016)
   「グローバル課題を解決できない専門家たち」
   浅野貴昭 東京財団研究員

グローバル・ガバナンスの一角を担う専門家や実務家が果たす役割は何か、
国際問題の「知」を司る彼ら自身がいかに権力として作用しているかに迫る
未邦訳の一冊をご紹介。

▼ 続きはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2nNiFzL

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 書籍出版情報 & メディア掲載情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
 細谷雄一上席研究員、東京財団政治外交検証研究会他編著
 『戦後日本の歴史認識』3月30日に東京大学出版会より発売
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
政治外交検証研究会の研究成果をまとめた書籍『戦後日本の歴史認識』が、
東京大学出版会より発売されました。第一線の研究者が、戦後日本の抱える
歴史認識問題について真正面から論議した意義深い一冊。戦後の日本の歩み
をあらためて紐解き、アジア諸国との和解へ向け新たな可能性を考察します。

▼ 続きはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2ocKHbb

▼ 政治外交検証研究会とは
 http://s.tkfd.or.jp/2neoPgk

(目次より一部抜粋)
序 章 歴史認識の歴史へ
I 戦後歴史認識の変遷を読む
(吉田茂の時代/佐藤栄作の時代/中曽根康弘の時代/沖縄と本土との溝)

II 歴史認識と和解をめざして
(歴史和解は可能か――日中・日韓・日米の視座から/東アジアの歴史認識
 と国際関係――安倍談話を振り返って)

III 歴史認識を考えるために
(歴史認識問題を考える書籍紹介/戦後日本を知るうえで有益な文献を探る)

▼ 書籍の詳細情報、購入はこちら(「東京大学出版会」サイトへ)
 http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-023072-8.html

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
3月28日付の「ダイヤモンドオンライン」に森信上席研究員の寄稿「トラン
プの国境調整税が日本の税制改革につながる3つの理由」が掲載されました。

▼ 記事はこちら(「ダイヤモンドオンライン」サイトへ)
 http://diamond.jp/articles/-/122680

▼ 東京財団税・社会保障調査会サイトはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2oEnhw6

▼ 森信茂樹上席研究員についてはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2oM3ibP

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
──────────────────────────────────
東京財団メールマガジンは、ウェブサイトからご登録いただいた方や財団役
職員・研究員が名刺交換させていただいた方、東京財団が主催、共催するイ
ベントにご登録いただいた方にお送りしています。

▼ 新規登録はこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/m-magazine

◎ メールマガジンの宛先変更は、ご登録いただいている旧メールアドレス
  の配信を解除して、新メールアドレスの新規登録を行ってください。

▼ お問い合わせはこちら
 https://www.tkfd.or.jp/inquiry/

このメールマガジン(tkfd_news@tkfd.or.jp)は送信専用ですので、返信は
お受けできません。

このメールマガジンは、MSゴシックなどの等幅フォント設定でのご利用を推
奨します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
…………………………………………………………………………………………
 東┃京┃財┃団┃メールマガジン -The Tokyo Foundation news-
 ━┛━┛━┛━┛
 発行:公益財団法人 東京財団
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3F
 お問い合わせ:https://www.tkfd.or.jp/inquiry/
 TEL 03-6229-5504  FAX 03-6229-5508
…………………………………………………………………………………………
 Website   http://www.tkfd.or.jp
 facebook  https://www.facebook.com/tokyofoundation
 twitter   https://twitter.com/tokyofoundation
――――――――――――――――――――――――――――――――――
    Copyright (C) 2017 The Tokyo Foundation All rights reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――