第113回東京財団政策研究所フォーラム「トランプ政権の行方は?――中間選挙結果と日米関係への示唆」

タイプ
プレスリリース
日付
2018/11/28

11/27(火)18時半開催 トランプ大統領の政権運営に対する審判は! 米中間選挙を専門家が議論

現職大統領への信任投票といわれるアメリカ議会中間選挙が行われました。
上院は与党・共和党が過半数を維持した一方、下院は野党・民主党が8年ぶ
りに過半数を奪還。今後2年間は上院と下院で多数派が異なる「ねじれ」の
状態が続くことになります。

トランプ大統領の2年間の政権運営に対しどのような審判が下ったのか、今
後の政策にどのような影響をもたらすのか。本フォーラムでは、共和・民主
両党の選挙過程を振り返り、支持層や世論の最新動向を分析するとともに、
「貿易戦争」と米中関係などトランプ政権の主要政策と日本の対外政策への
影響を議論します。奮ってご参加ください。


【日時】2018年11月27日(火)18:30~20:00 (開場18:00)

【会場】ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター会議室
    (東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー9階)
https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/roppongi/bs_roppongi_cc/access

    六本木一丁目駅および六本木駅からのアクセスマップ        
    https://www.bellesalle.co.jp/uploads/01_shisetsu/00_pdf/access/roppongicc_accessmap20170701.pdf

【テーマ】「トランプ政権の行方は?――中間選挙結果と日米関係への示唆」

【登壇者】(順不同)
 久保文明 東京財団政策研究所上席研究員(「2020年アメリカ大統領選挙と日米経済関係」プロジェクト・リーダー)
      /東京大学大学院法学政治学研究科教授  ※モデレーター
 前嶋和弘 上智大学総合グローバル学部教授(同プロジェクト・メンバー)
 佐橋 亮 神奈川大学法学部教授(同プロジェクト・メンバー)
 宮田智之 帝京大学法学部専任講師(同プロジェクト・メンバー)

【定員】150名(先着順)

【参加費】無料、事前登録必須

▼ お申し込みはこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/tff113

-------------------------------------------------------
公益財団法人東京財団政策研究所 <PR18-10J>
〒106-6234 東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー34F
TEL : 03-5797-8403 FAX : 03-5570-6033
-------------------------------------------------------
Website : https://www.tkfd.or.jp
twitter : https://twitter.com/tokyofoundation
Facebook: https://www.facebook.com/tokyofoundation
-------------------------------------------------------