Newsroom
プレスルーム

プレスリリース July 8, 2019

7/8 開催「米中貿易戦争下の地政学リスク 新たな日中関係のあり方」

■┓────────────────────────────────
┃┃ 第116回東京財団政策研究所フォーラム
┃┃ 「米中貿易戦争下の地政学リスク 新たな日中関係のあり方」
┃┃  2019年7月8日(月)13:15~15:30@六本木グランドタワー9F
┗┛────────────────────────────────
米中貿易戦争がますます激化する様相を呈する昨今、新たな日中関係のあり
方を地政学の観点から有識者を交えて検証する公開フォーラム「東京財団政
策研究所フォーラム」を実施いたします。どうぞ奮ってご参加ください。

■概要■
米中貿易戦争の本質は覇権争いだとする専門家の見解が正しければ、米中の
対立は長期化するものと思われる。米国第一主義を掲げるトランプ政権が
反グローバル化の姿勢を鮮明にし、中国がこれまでの「改革・開放」政策を
修正して鎖国へと方針を転換すれば、世界経済は大打撃を受けることが予想
される。
リーダー不在の乱世を迎え、これからいかに地政学リスクを管理し、経済の
グローバル化を堅持するかは重要な課題である。本フォーラムでは有識者を
招き、これからの地政学リスクに焦点を当てつつ今後の日中関係のあり方を
展望する。

■日時■ 2019年7月8日(月)13:15~15:30 (開場12:45)

■会場■ ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター Room H
(東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー9階) 
 https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/roppongi/bs_roppongi_cc/access/

■プログラム■
13:15~13:20 開会挨拶        
        加藤 創太(東京財団政策研究所常務理事)
13:20~13:40
       『今後の日中関係の展望』(仮題)  
        川島 真(東京大学大学院総合文化研究科教授)
13:40~14:00
       『アメリカからみた日中関係』(仮題) 
        グレン・S・フクシマ(米国先端政策研究所上級研究員)
14:00~14:20
       『チャイナリスクの制度分析』   
        柯 隆(東京財団政策研究所主席研究員)
14:20~14:40
       『EUから見た米中対立と日本』
        伊藤 さゆり(ニッセイ基礎研究所経済研究部研究理事)
14:40~15:30
        パネルディスカッション   
        モデレーター:蟹瀬 誠一(明治大学国際日本学部教授 外交政策センター理事)
15:30     閉会

■言語■ 日本語

■参加■ 無料、要事前登録

■先行受付■
*下記URLのお申込みフォームよりご登録ください。
 https://krs.bz/tkfd/m/forum116

■本件に関するお問い合わせ■
東京財団政策研究所 広報
Email: info@tkfd.or.jp ------------------------------------------------------- 公益財団法人東京財団政策研究所 〒106-6234 東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー34F TEL : 03-5797-8403 FAX : 03-5570-6033 ------------------------------------------------------- Website : https://www.tkfd.or.jp twitter : https://twitter.com/tokyofoundation Facebook: https://www.facebook.com/tokyofoundation -------------------------------------------------------

一覧へ戻る