食のたからもの取材レポート第25弾「日本ミツバチ」(4/5)

5.どんなところに残っているのか

日本ミツバチは、日本中に生息している。
 

●日本在来種みつばちの会
職業・年齢を問わない全国組織の同好会。日本ミツバチを通じた自然環境の保全や
会員の親睦を目的とする。
会長:藤原誠太
岩手県盛岡市若園町3-10 藤原養蜂場内
TEL:019-624-3001 FAX:019-624-3118

●ニホンミツバチの会
徳島県海部郡海南町浅川粟浦

●日本蜂研究会
会長:青木圭三
東京都町田 関東中心の日本ミツバチの他区・繁茂・研究・親睦。

●山蜂の会
福島県双葉郡川内村大字下川内字熊ノ坪6 村ぐるみで密源の森の植林を行う

●(社)日本養蜂はちみつ協会
東京都千代田区神田駿河台1-2 日本ミツバチに限らず、
プロの養蜂家が加盟する団体、現在の会員7000人。

◎玉川大学 ミツバチ科学研究施設
東京都町田市玉川学園6-1-1
全国の養蜂家が集まるミツバチ科学研究会を毎年1月初旬に開催。
機関紙「ミツバチ科学」も持つ。

島村 菜津

  • 元東京財団研究員