タイプ
その他
プロジェクト
日付
2008/2/12

2007年11月の新刊図書・記事 ・書評リスト

新刊図書・記事・書評リスト
-2007年11月分-




・ 青山瑠妙『現代中国の外交』(慶應義塾大学出版会、2007年11月5日)
・ 荒木和憲『中世対馬宗氏領国と朝鮮』(山川出版社、2007年11月10日)
・ 粟屋憲太郎『昭和の政党』(岩波現代文庫、2007年11月16日)
・ 安斎郁郎、池尾靖志編『日本から発信する平和学』(法律文化社、2007年11月10日)
・ 池田嘉郎『革命ロシアの共和国とネイション』(山川出版社、2007年11月10日)
・ 石井修監修『アメリカ合衆国 対日政策文書集成 第XXI期 ニクソン大統領文書 1-10』(柏書房、2007年11月)
・ 板垣英憲『総理大臣小沢一郎』(サンガ、2007年11月10日)
・ 一ノ瀬俊也『旅順と南京 日中五十年戦争の起源』(文藝春秋、2007年11月20日)
・ 伊藤桂一、野田明美『若き世代に語る日中戦争』(文春新書、2007年11月20日)
・ 猪口邦子『くにこism』(西村書店、2007年11月29日)
・ 大杉一雄『日中戦争への道 満蒙華北問題と衝突への分岐点』(講談社学術文庫、2007年11月10日)
・ 大塚桂『大東亜戦争期の政治学』(成文堂、2007年11月20日)
・ 岡本隆司『馬建忠の中国近代』(京都大学学術出版会、2007年11月10日)
・ 奥田宏司『円とドルの国際金融 ドル体制下の日本を中心に』(ミネルヴァ書房、2007年11月30日)
・ 小田健『政治原論あるいは権力と民主主義の理論』(成文堂、2007年11月1日)
・ 何清漣著、中川友訳『中国の闇 マフィア化する政治』(扶桑社、2007年11月30日)
・ 柿崎明二、久江雅彦『空白の宰相 「チーム安倍」が追った理想と現実』(講談社、2007年11月7日)
・ 樫村志郎編『規範と交渉』(法律文化社、2007年11月10日)
・ 加藤恭子ノンフィクション・グループ『上野久徳伝 陸軍参謀から企業再建弁護士へ』(三省堂、2007年11月29日)
・ 樺山紘一『歴史家たちのユートピアへ 国際歴史学会議の百年』(刀水書房、2007年11月11日)
・ 吉川元『国際安全保障論 戦争と平和、そして人間の安全保障の軌跡』(有斐閣、2007年11月10日)
・ ダニエル・J・ゴールドハーゲン著、望田幸男監訳『普通のドイツ人とホロコースト ヒトラーの自発的死刑執行人たち』(ミネルヴァ書房、2007年11月30日)
・ ゴードン・コレーラ著、鈴木南日子訳『核を売り捌いた男 死のビジネス帝国を築いたドクター・カーンの真実』(ビジネス社、2007年11月20日)
・ 佐藤信、藤田覚編『前近代の日本列島と朝鮮半島』(山川出版社、2007年11月5日)
・ 新治毅、杉山徹宗『21世紀の国際関係論 国際社会の将来と日本の責務』(鷹書房弓プレス、2007年11月30日)
・ 鈴木規子『EU市民権と市民意識の動態』(慶應義塾大学出版会、2007年11月10日)
・ 須藤季夫『シリーズ国際関係論 4 国家の対外行動』(東京大学出版会、2007年11月)
・ 高田誠二『久米邦武 史学の眼鏡で浮世の景を』(ミネルヴァ書房、2007年11月10日)
・ 田中眞紀子、佐高信『問答無用』(朝日新聞社、2007年11月30日)
・ 土田宏『ケネディ 「神話」と実像』(中公新書、2007年11月25日)
・ 筒井清忠『昭和十年代の陸軍と政治 軍部大臣現役武官制の虚像と実像』(岩波書店、2007年11月29日)
・ チャールズ・テイラー、ユルゲン・ハーバーマス他著、エイミー・ガットマン編、佐々木毅、辻康夫、向山恭一訳『マルチカルチュラリズム』(岩波書店、2007年11月15日)
・ 頭山満『幕末三舟伝』(国書刊行会、2007年11月30日)
・ 中谷元『右でも左でもない政治 リベラルの旗』(幻冬舎、2007年11月30日)
・ 日本平和学会編『スピリチュアリティと平和』(早稲田大学出版部、2007年11月10日)
・ 日本李登輝友の会編『李登輝訪日 日本国へのメッセージ 2007旅と講演の全記録』(まどか出版、2007年11月23日)
・ 萩原延壽『遠い崖 アーネスト・サトウ日記抄 3-4』(朝日文庫、2007年11月30日)
・ 橋川文三編著『日本の百年 4 明治の栄光 1900~1912』(ちくま学芸文庫、2007年11月10日)
・ ジョナサン・ハスラム著、角田史幸、川口良、中島理暁訳『誠実という悪徳 E・H・カー 1892-1982』(現代思潮新社、2007年11月15日)
・ 長谷川精一『森有礼における国民的主体の創出』(思文閣出版、2007年11月1日)
・ 波多野澄雄、佐藤晋『現代日本の東南アジア政策 1950-2005』(早稲田大学出版部、2007年11月30日)
・ 八谷まち子『EU拡大のフロンティア トルコとの対話』(信山社、2007年11月)
・ 早川廣中『官僚政治から国民による政党政治へ』(長崎出版、2007年11月20日)
・ エフライム・ハレヴィ著、河野純治訳『モサド前長官の証言「暗闇に身をおいて」 中東現代史を変えた驚愕のインテリジェンス戦争』(光文社、2007年11月30日)
・ 半藤一利『昭和史残日録 戦後篇』(ちくま文庫、2007年11月10日)
・ 半藤一利『山本五十六』(平凡社、2007年11月23日)
・ 東茂樹編『FTAの政治経済学 アジア・ラテンアメリカ7カ国のFTA交渉』(アジア経済研究所、2007年11月)
・ レイチェル・ブロンソン著、佐藤陸雄訳『王様と大統領 サウジと米国、白熱の攻防』(毎日新聞社、2007年11月20日)
・ ポール・D・ポースト著、山形浩生訳『戦争の経済学』(バジリコ、2007年11月11日)
・ 保阪正康『自伝の人間学』(新潮文庫、2007年11月1日)
・ ウィリアムソン・マーレー、マクレガー・ノックス、アルヴィン・バーンスタイン編著、石津朋之、永末聡監訳、歴史と戦争研究会訳『戦略の形成 支配者、国家、戦争 上・下』(中央公論新社、2007年11月10日)
・ 松沼美穂『帝国とプロパガンダ ヴィシー政権期フランスと植民地』(山川出版社、2007年11月10日)
・ 松野誠也『十五年戦争極秘資料集 補巻29 陸軍省『調査彙報』 第2冊』(不二書房、2007年11月)
・ 財団法人満鉄会編『満鉄四十年史』(吉川弘文館、2007年11月20日)
・ 宮田親平『毒ガス開発の父ハーバー 愛国心を裏切られた科学者』(朝日選書、2007年11月25日)
・ 村上正邦、平野貞夫、筆坂秀世『自民党はなぜ潰れないのか 激動する政治の読み方』(幻冬舎新書、2007年11月30日)
・ カトゥリ・メリカリオ著、脇坂紀行訳『平和構築の仕事 フィンランド前大統領アハティサーリとアチェ和平交渉』(明石書店、2007年11月30日)
・ 森田松太郎、杉之尾宜夫『撤退の研究 時機を得た戦略の転換』(日本経済新聞出版社、2007年11月1日)
・ 湯浅赳男『「東洋的専制主義」論の今日性 還ってきたウィットフォーゲル』(新評論、2007年11月15日)
・ チャールズ・ダグラス・ラミス著、加地永都子訳『ラディカル・デモクラシー 可能性の政治学』(岩波書店、2007年11月15日)
・ 渡邉恒雄『君命も受けざる所あり 渡邉恒雄 私の履歴書』(日本経済新聞出版社、2007年11月1日)
・ 度会好一『ユダヤ人とイギリス帝国』(岩波書店、2007年11月27日)



・ 青山瑠妙「中国外交と日中関係」『三田評論』第1106号(2007年11月)28-32頁
・ 赤坂太郎「安倍晋三 最後の三日間の真実」『文藝春秋』第85巻第13号(2007年11月)116-23頁
・ 秋山信将「核不拡散規範の遵守強化とアメリカ外交 執行・強制と実効的多国間主義」『国際政治』第150号(2007年11月)83-98頁
・ 朝日新聞社世論調査センター「全国世論調査詳報」『朝日総研リポート』第210号(2007年11月)131-44頁
・ 麻生太郎「俺が新しい自民党を作る」『文藝春秋』第85巻第13号(2007年11月)106-15頁
・ 荒木和博「韓国にとっての大統領選挙」『海外事情』第55巻第11号(2007年11月)83-94頁
・ 安斎育郎、浅井基文「「広島プロセス」は名実ともに受け容れられない 藤原帰一論文批判」『論座』第150号(2007年11月)228-31頁
・ 飯笹佐代子「国境管理をめぐる政治 オーストラリアのボートピープル問題からの考察」『国際政治』第149号(2007年11月)77-92頁
・ 五百旗頭真「ポツダム宣言と戦後日本」『防衛学研究』第37号(2007年11月)27-43頁
・ 伊豆見元「米朝和平体制に日本は取り残される」『中央公論』第1483号(2007年11月)60-69頁
・ 伊勢崎賢治「日本は「美しい誤解」を生かせ」『世界』第771号(2007年11月)162-70頁
・ 礒?敦仁「日朝関係を考える視角 北朝鮮国内事情との連動」『改革者』(政策研究フォーラム)第568号(2007年11月)18-21頁
・ 伊藤裕子「冷戦後の米比同盟 基地撤廃、VFA、「対テロ戦争」と米比関係」『国際政治』第150号(2007年11月)168-85頁
・ 井上寿一「三〇年代の蹉跌に学ぶ 二大政党は党利党略を超えよ」『中央公論』第1483号(2007年11月)52-59頁
・ 猪木武徳「新しい「国家」EUの動き」『アステイオン』第67号(2007年11月)8-19頁
・ 今井宏平「アメリカの中東政策とトルコ外交 「ミドル・パワー」の機能と限界」『国際政治』第150号(2007年11月)186-202頁
・ 今村英二郎「国際平和活動における民軍協力」『防衛学研究』第37号(2007年11月)133-55頁
・ 岩井忠熊「「戦後歴史学」は本当に破産したのか」『日本史研究』第543号(2007年11月)44-54頁
・ 岩城成幸「日本・EU関係の進展と課題 経済・通商分野を中心に」『レファレンス』第682号(2007年11月)9-29頁
・ 岩見隆夫「問題解決能力を失った日本政治 自民漂流か、大連立の始まりか」『中央公論』第1483号(2007年11月)78-85頁
・ 植田隆子「冷戦終結後の米国と大西洋同盟」『国際政治』第150号(2007年11月)99-114頁
・ 上ノ原秀晃、大川千寿、谷口将紀「2007年参議院選挙 安倍政権の死角、新政権の課題 東大・朝日共同調査分析」『論座』第150号(2007年11月)50-61頁
・ 上原良子「ニコラ・サルコジ、グローバリゼーションへのフランスの闘い」『アステイオン』第67号(2007年11月)35-62頁
・ 臼杵知史「京都議定書の遵守手続 遵守確保の方法を中心に」『同志社法学』第323号(2007年11月)1-16頁
・ 浦田秀次郎「急増するFTAの貿易への影響」『国際問題』第566号(2007年11月)39-47頁
・ エリザベス・C・エコノミー「中国の環境破壊はなぜとまらないか」『論座』第150号(2007年11月)262-78頁
・ エリザベス・C・エコノミー「中国の政治改革の行方を検証する」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2007年11月号(2007年11月)119-23頁
・ 江畑謙介「温暖化と北極圏の領土・資源・安全保障問題」『海外事情』第55巻第11号(2007年11月)14-31頁
・ 大賀哲「WTOとFTAをめぐる政策言説と政策空間 外務省と経産省における地域主義形成」『国際協力論集』(神戸大学国際協力研究科)第15巻第2号(2008年11月)115-49頁
・ 太田富康「近現代における行政アーカイブズ公開の歴史的検証 明治後期~昭和戦前期の図書館と府県庁記録」『アーカイブズ学研究』第7号(2007年11月)50-69頁
・ 大嶽秀夫「近現代史の中のジェンダー秩序 (上) 政治体制論から見た第一波フェミニズム」『アステイオン』第67号(2007年11月)197-221頁
・ 大西裕「「強い大統領」という韓国政治の幻影 国務総理任命過程の研究」『法学雑誌』(大阪市立大学法学会)第54巻第2号(2007年11月)383-403頁
・ 岡敏弘「排出権取引の幻想」『世界』第771号(2007年11月)245-55頁
・ 岡本行夫、五百旗頭真、伊藤元重、薬師寺克行「キーパーソンが語る証言90年代 岡本行夫 (1)」『論座』第150号(2007年11月)247-58頁
・ 長有紀枝「NGOが外交の新たなプレイヤーになるために」『外交フォーラム』第232号(2007年11月)22-25頁
・ 小沢一郎「今こそ国際安全保障の原則確立を」『世界』第771号(2007年11月)148-53頁
・ 戒能善春「日清戦争における台湾作戦 戦争か治安か」『防衛学研究』第37号(2007年11月)91-108頁
・ 海部優子「日米関係と日系人の将来 日系人は日米関係の原動力となりうるのか」『外交フォーラム』第232号(2007年11月)58-61頁
・ 梯久美子「美智子さまと昭和天皇 沖縄の悲劇を胸に」『文藝春秋』第85巻第13号(2007年11月)260-75頁
・ 勝間靖「「子どもの権利」と新たな国際秩序の模索」『国際政治』第149号(2007年11月)156-71頁
・ 加藤洋一「米国は日本への関心を失ったのか」『外交フォーラム』第232号(2007年11月)54-57頁
・ 兼原信克「二一世紀の日本外交を担う君たちへ 日本の国家戦略」『外交フォーラム』第232号(2007年11月)66-73頁
・ ケント・E・カルダー「テロ特措法の挫折が日本にもたらすダメージ」『中央公論』第1483号(2007年11月)44-51頁
・ 川嶋周一「欧州共通農業政策の成立とヨーロッパ統合の政体化 コミトロジー・システムの成立・拡散の考察から」『政經論叢』(明治大学政治経済研究所)第76巻第1・2号(2007年11月)107-34頁
・ 川西晶大「リビアに対する経済制裁とその帰結」『レファレンス』第682号(2007年11月)107-27頁
・ 川邊克朗「自衛隊の「次の戦場」とはどこか?」『世界』第771号(2007年11月)171-75頁
・ 菅英輝「冷戦後の米国のヘゲモニー戦略と世界秩序 クリントン・ブッシュ両政権を中心に」『国際政治』第150号(2007年11月)18-34頁
・ 危貴川「メディアの力で中日関係の改善を図れるかを考える」『朝日総研リポート』第210号(2007年11月)90-98頁
・ 北岡伸一「外交力強化のためにいま何が必要か」『外交フォーラム』第232号(2007年11月)12-17頁
・ 北岡伸一「日本の国連外交」『銀行倶楽部』第499号(2007年11月)6-22頁
・ 北野剛「日露戦後における日本の大陸政策と日露通商航海条約改定」『国史学』第193号(2007年11月)41-65頁
・ 北村治「アメリカのデモクラシーと戦争 冷戦後のアメリカ外交の思想的基盤」『国際政治』第150号(2007年11月)52-65頁
・ 金暎根「アメリカの通商政策における三〇一条とGATT/WTO 対立と収斂のプロセス」『国際政治』第150号(2007年11月)66-82頁
・ 木村幹「「地域研究」と「外国研究」としての「日本における」朝鮮/韓国研究 政治学を中心に」『国際協力論集』(神戸大学国際協力研究科)第15巻第2号(2008年11月)33-45頁
・ 木村真希子「反移民暴動における民衆のエージェンシー 近隣コミュニティにおける集合的暴力」『国際政治』第149号(2007年11月)111-26頁
・ 国正武重「崩壊の危機が始まった自民党」『世界』第771号(2007年11月)
・ 熊谷光久「陸主海従思想への海軍の抵抗 海軍参謀本部設置問題を中心に」『政治経済史学』第495号(2007年11月)1-33頁
・ ヒラリー・ロドハム・クリントン「私が大統領に選ばれれば」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2007年11月号(2007年11月)1-22頁
・ 黒澤満「二〇〇七年NPT準備委員会 全体的議論と核軍縮」『阪大法学』第57巻第4号(2007年11月)1-48頁
・ 小池正一郎「世界のマネーはどこに行くのか 米ドル離れとユーロ」『改革者』(政策研究フォーラム)第568号(2007年11月)42-45頁
・ 小寺彰「FTAとWTO 代替か、補完か?」『国際問題』第566号(2007年11月)5-12頁
・ 五味廣文、織田一「五味廣文前金融庁長官に聞く 金融激動 これまでの10年、これからの10年」『論座』第150号(2007年11月)130-36頁
・ 斎藤元秀「ブッシュ政権と「九・一一」後の米露関係」『国際政治』第150号(2007年11月)135-49頁
・ 酒井啓子「イラク政治におけるジェンダー 国家、革命、イスラーム」『国際政治』第149号(2007年11月)30-45頁
・ 坂口大作「国家の政策と個人的価値観の相克 ワタダ中尉とアイヒマンの比較」『防衛学研究』第37号(2007年11月)109-32頁
・ 笹岡伸矢「ロシアの政党システムの変動とその要因 下院選挙(1993-2003年)結果の分析」『政經論叢』第76巻第1・2号(2007年11月)135-64頁
・ 佐々木毅「「一発勝負の政治」に決別を」『論座』第150号(2007年11月)28-33頁
・ ゲリー・サモア「新大統領は北朝鮮路線を変化させるか」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2007年11月号(2007年11月)115-18頁
・ 澤田次郎「日露戦争前の徳富蘇峰とアメリカ (二) 明治三十年代を中心に」『法学研究』(慶應義塾大学法学研究会)第80巻第11号(2007年11月)41-70頁
・ 塩田潮「宰相のありかたを問う 政治指導者に必要な資質とは」『改革者』(政策研究フォーラム)第568号(2007年11月)32-35頁
・ 塩原俊彦「ロシアの資源戦略」『三田評論』第1106号(2007年11月)42-45頁
・ 篠崎尚夫「産業組合拡充五ヵ年計画と東畑精一 (I)」『政治経済史学』第495号(2007年11月)34-48頁
・ 篠原初枝「国際法学者・学説の役割 戦争違法化を事例として」『国際法外交雑誌』第106巻第3号(2007年11月)1-28頁
・ ジェーソン・T・シャプレン、ジェームズ・T・レーニー「変化する北東アジアにアメリカはどう関与するか」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2007年11月号(2007年11月)59-77頁
・ 周菁「民国時期における中国の歴史教科書の中の日本」『朝日総研リポート』第210号(2007年11月)78-89頁
・ 自由民主党外交力強化に関する特命委員会「外交力強化へのアクション・プラン10」『外交フォーラム』第232号(2007年11月)26-28頁
・ 神藤猛「危機における意思決定と「運用継続性」 高信頼性組織理論から見たミッドウェー海戦」『防衛学研究』第37号(2007年11月)45-65頁
・ 末吉興一「連携の必要性 地方自治体が日本外交にもたらすものとは」『外交フォーラム』第232号(2007年11月)18-21頁
・ 鈴木譲仁「提唱者・馬立誠氏が沈黙を破る 対日「新思考論」の誤解と現実」『中央公論』第1483号(2007年11月)102-11頁
・ 鈴木董「トルコのEU加盟」『アステイオン』第67号(2007年11月)63-79頁
・ シーラ・スミス、陳隆志、上村幸治「2008年 東アジアはどう動く (下)」『アジア時報』第431号(2007年11月)34-55頁
・ 『世界』編集部「ドキュメント 激動の南北朝鮮 第124回 勢いづく朝鮮半島平和体制構築への流れ」『世界』第771号(2007年11月)274-81頁
・ 田岡俊次「「給油をやめると日米同盟は危うい」は本当か?」『世界』第771号(2007年11月)154-60頁
・ 滝口剛「民政党内閣と大阪財界 (一) 井上準之助蔵相と経済的自由主義」『阪大法学』第57巻第4号(2007年11月)75-96頁
・ 滝崎成樹「国連安全保障理事会の改革」『国際法外交雑誌』第106巻第3号(2007年11月)29-55頁
・ 滝田賢治「冷戦後世界とアメリカ外交」『国際政治』第150号(2007年11月)1-17頁
・ 竹中千春「周縁からの国際政治」『国際政治』第149号(2007年11月)1-14頁
・ 巽千春「大量破壊兵器拡散防止の実効性確保のための条件 対抗拡散(counterproliferation)概念に基づく実行との関わりで」『六甲台論集』(法学政治学篇)第54巻第2号(2007年11月)1-39頁
・ 田所昌幸「イギリスはヨーロッパか」『アステイオン』第67号(2007年11月)20-34頁
・ 田中均、田原総一朗「日本は国際的な信用失墜の瀬戸際にある」『中央公論』第1483号(2007年11月)33-43頁
・ 田中良英「現代ロシアにおける捜査委員会設立の意義 「選挙の季節」下のロシア政治の多面性」『海外事情』第55巻第11号(2007年11月)95-112頁
・ ビクター・D・チャ「アジアの安定と平和を維持するには」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2007年11月号(2007年11月)79-98頁
・ 茶谷誠一「二・二六事件後の宮中勢力」『史苑』(立教大学史学会)第68巻第1号(2007年11月)7-34頁
・ 茶野純一「日米関係とコミットメント CGP評議会へのオマージュ」『外交フォーラム』第232号(2007年11月)62-64頁
・ 月村太郎「民族的少数派となる恐怖 旧ユーゴ連邦解体過程におけるセルビア人を例として」『国際政治』第149号(2007年11月)46-60頁
・ 土屋志穂「個人の国際法上の権利と外交的保護 国連国際法委員会の外交的保護草案の検討から」『上智法学論集』第51巻第2号(2007年11月)157-71頁
・ 土屋大洋「外交における情報 インテリジェンスの機能」『三田評論』第1106号(2007年11月)37-40頁
・ 鄭錦鳳、谷口昭「近代台湾の土地制度 台湾総督府の施策を中心として」『名城法学』第57巻第1・2号(2007年11月)269-323頁
・ 寺田貴「東アジアにおけるFTAの波及 規範の変化と社会化の視点から」『国際問題』第566号(2007年11月)27-38頁
・ 杜進、王曙光、丸山伸郎「中国の経済成長はいつまで続くか」『海外事情』第55巻第11号(2007年11月)2-13頁
・ 戸田真紀子「民主化がもたらした異議申し立て ナイジェリア第四共和制の「民族・宗教」紛争」『国際政治』第149号(2007年11月)61-76頁
・ 富窪高志「中国の宇宙活動について」『レファレンス』第682号(2007年11月)49-66頁
・ 冨坂聰「ポスト胡錦濤 三人の若き実力者」『文藝春秋』第85巻第13号(2007年11月)310-19頁
・ 冨善一敏「近世日本のアーカイブズ 利用の側面を中心に」『アーカイブズ学研究』第7号(2007年11月)20-38頁
・ 富田武「満州事変前後の日ソ漁業交渉」『歴史学研究』第834号(2007年11月)47-63頁
・ 友田昌宏「幕末政治史研究の現状と課題」『歴史評論』第691号(2007年11月)14-25頁
・ 直嶋正行「参議院が政策論争の主戦場になる」『改革者』(政策研究フォーラム)第568号(2007年11月)10-15頁
・ 中北浩爾「ケネディ・ライシャワー路線の背景 日米貿易摩擦と国際公正労働基準」『法学雑誌』(大阪市立大学法学会)第54巻第2号(2007年11月)307-34頁
・ 長島昭久、大野元裕、古川勝久、神保謙、細谷雄一「混迷する世界の中での外交の役割」『三田評論』第1106号(2007年11月)10-27頁
・ 中曽根康弘「小沢一郎の真贋はこれからの半年で見極める」『中央公論』第1483号(2007年11月)86-97頁
・ 長田彰文「「万宝山事件」と国際関係 米国外交官などが見た「事件」の一側面」『上智史学』第52号(2007年11月)1-37頁
・ 中谷直司「勢力圏外交秩序の溶解 新四国借款団設立交渉(1929-1920)と中国をめぐる列強間関係の変容」『同志社法学』第323号(2007年11月)85-174頁
・ 中西輝政「小泉純一郎が福田を倒す日」『文藝春秋』第85巻第13号(2007年11月)94-104頁
・ 浪岡新太郎「ヨーロッパ・ムスリムの市民アイデンティティ」『国際政治』第149号(2007年11月)93-110頁
・ サム・ナン、ジェームズ・ホーグ「核戦争の危険を低下させるには」『論座』第150号(2007年11月)287-99頁
・ 蜷川壽惠「皇姑屯事件」『日本歴史』第714号(2007年11月)31-34頁
・ 西尾英之「パキスタン 安定のカギ握るムシャラフ大統領再選」『改革者』(政策研究フォーラム)第568号(2007年11月)22-25頁
・ 西田竜也「均衡理論(バランシング・セオリー)から見た米国一極体制」『国際政治』第150号(2007年11月)35-51頁
・ 西野純也「朝鮮半島に訪れた外交の季節」『三田評論』第1106号(2007年11月)33-36頁
・ 沼田貞昭「人的交流の希薄化は次の時代に禍根を残す」『外交フォーラム』第232号(2007年11月)48-51頁
・ 河東賢「韓国におけるマニフェスト普及と政策移転ネットワーク形成」『アジア経済』第48巻第11号(2007年11月)26-52頁
・ リチャード・N・ハース「次期アメリカ大統領の課題」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2007年11月号(2007年11月)109-14頁
・ リチャード・N・ハース「変化するアメリカのイラク政策」『論座』第150号(2007年11月)300-303頁
・ ウォルフガング・K・H・パノフスキー「核兵器を削減し、核不拡散を強化せよ」『論座』第150号(2007年11月)279-86頁
・ 半藤一利、御厨貴、原武史「永世現役を願った昭和天皇の執念 『卜部日記』を読んで」『論座』第150号(2007年11月)114-29頁
・ 半藤一利、福田和也、秦郁彦、戸?一成、江畑謙介、鎌田伸一「帝国海軍vs米国海軍 日本はなぜアメリカに勝てないのか」『文藝春秋』第85巻第13号(2007年11月)124-69頁
・ ロバート・フィスク「なぜ、彼は語るのか ロバート・フィスク ベイルート講演録」『世界』第771号(2007年11月)234-42頁
・ 福好昌治「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の比較分析」『レファレンス』第682号(2007年11月)129-47頁
・ 藤原帰一「忘れられた人々 テロ・カトリーナ・周縁」『国際政治』第149号(2007年11月)15-29頁
・ 藤原豊司「英国で一〇年ぶりに政権交代 (下) ブラウン首相の「あれかこれか」」『海外事情』第55巻第11号(2007年11月)113-24頁
・ 古田博司「北朝鮮の電力事情と近況分析」『アジア時報』第431号(2007年11月)16-33頁
・ 保坂正康「瀬島龍三 昭和の参謀ついに死す」『文藝春秋』第85巻第13号(2007年11月)216-25頁
・ 細谷要「第一次世界大戦前・後におけるドイツ中央党の政策転換 M. エルツベルガーの国防・財政政策を中心に」『西洋史研究』(東北大学大学院文学研究科西洋史研究会)新輯第36号(2007年11月)63-91頁
・ 本名純「マフィア・国家・安全保障 東南アジアにおける越境犯罪の政治分析」『国際政治』第149号(2007年11月)127-40頁
・ ダニエル・マーキー「ムシャラフは選挙実施に向けたロードマップを早急に示すべきだ」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2007年11月号(2007年11月)39-45頁
・ 松隈潤「国際社会における武力行使禁止原則の変容 (二)」『法學論集』(西南学院大学学術研究所)第40巻第2号(2007年11月)47-64頁
・ 松下満雄「FTAネットワークのすすめ」『国際問題』第566号(2007年11月)1-4頁
・ 松島和美「米華相互防衛条約の参戦条項 第1次・第2次台湾海峡危機を事例として」『防衛学研究』第37号(2007年11月)67-89頁
・ 松本俊太「五五年体制下における委員会制度再考 委員会審議における党派性と特殊権益」『名城法学』第57巻第1・2号(2007年11月)399-446頁
・ 三船恵美「冷戦終結後の米中関係」『国際政治』第150号(2007年11月)150-67頁
・ 宮村治雄「歴史家・萩原延壽の世界」『論座』第150号(2007年11月)208-15頁
・ 村瀬信一「「第一内閣規約」再考」『日本歴史』第714号(2007年11月)53-70頁
・ 山口育人「コロンボプラン(1950年)とアトリー労働党政権のスターリング政策」『史林』(京都大学文学部史学研究会)第90巻第6号(2007年11月)1-33頁
・ 山口二郎「安倍退陣と日本政治の脆弱性 次の政党政治をどう描くか」『論座』第150号(2007年11月)34-39頁
・ 山口二郎、佐藤優「なぜ安倍政権はメルトダウンしたか 露呈した権力中枢の空白」『世界』第771号(2007年11月)54-68頁
・ 山根達郎「元戦闘員が再統合される社会の検討 DDRを通じた国家ガバナンスの変容を中心に」『国際政治』第149号(2007年11月)141-55頁
・ 吉崎知典「米国の同盟政策とNATO 冷戦後の「戦略概念」を中心として」『国際政治』第150号(2007年11月)115-34頁
・ F・スティーブン・ララビ「中東の外交プレーヤーとしてのトルコに注目せよ クルド人問題と中東秩序の再編」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2007年11月号(2007年11月)145-60頁
・ マーク・リラ「アメリカのイスラエルロビー」『アステイオン』第67号(2007年11月)130-36頁
・ ヴォルフ・レペニース「ヨーロッパとアメリカの展望」『アステイオン』第67号(2007年11月)80-97頁
・ 渡邉昭夫「防衛学の必要性と可能性」『防衛学研究』第37号(2007年11月)1-13頁
・ 渡辺佳子「日本における近代アーカイブズの萌芽 明治期の行政機関の文書管理制度を中心に」『アーカイブズ学研究』第7号(2007年11月)39-49頁
・ ユフス・ワナンディ「日本・ASEAN関係の過去と未来」『国際問題』第566号(2007年11月)48-57頁
・ David Alvarez, “Trying to Make the MAGIC Last: American Diplomatic Codebreaking in the Early Cold War,” Diplomatic History, Vol. 31, Issue 5 (November, 2007) 865-82
・ Frédéric Bozo, “Mitterrand's France, the End of the Cold War, and German Unification: A Reappraisal,” Cold War History, Vol. 7, Issue 4 (November, 2007) 455-78
・ Geoffrey B Cockerham, “The Delegation of Dispute Settlement Authority to Conventional International Governmental Organizations,” International Politics, Vol. 44, No. 6 (November, 2007) 732-52
・ Stuart Croft, “‘Thy Will Be Done’: The New Foreign Policy of America's Christian Right,” International Politics, Vol. 44, No. 6 (November, 2007) 692-710
・ Dennis Deletant, “‘Taunting the Bear’: Romania and the Warsaw Pact, 1963-89,” Cold War History, Vol. 7, Issue 4 (November, 2007) 495-507
・ Michael Foley, “President Bush, the War on Terror, and the Populist Tradition,” International Politics, Vol. 44, No. 6 (November, 2007) 666-91
・ Michael S. Goodman, “The Dog That Didn't Bark: The Joint Intelligence Committee and Warning of Aggression,” Cold War History, Vol. 7, Issue 4 (November, 2007) 529-51
・ David G. Haglund, “Roosevelt as "Friend of France" — But Which One?,” Diplomatic History, Vol. 31, Issue 5 (November, 2007) 883-908
・ Jorge Heine, “Empire Defanged? Non-US Perspectives on US Foreign Policy,” International Political Science Review, Vol. 28, No. 5 (November, 2007) 531-43
・ Elizabeth Shakman Hurd, “Theorizing Religious Resurgence,” International Politics, Vol. 44, No. 6 (November, 2007) 647-65
・ Lorenz M. Lüthi, “The People's Republic of China and the Warsaw Pact Organization, 1955-63,” Cold War History, Vol. 7, Issue 4 (November, 2007) 479-94
・ B. J. C. McKercher, ““A Certain Irritation”: The White House, the State Department, and the Desire for a Naval Settlement with Great Britain, 1927–1930,” Diplomatic History, Vol. 31, Issue 5 (November, 2007) 829-63
・ Eamon O'Kane, “Re-Evaluating the Anglo-Irish Agreement: Central or Incidental to the Northern Ireland Peace Process?,” International Politics, Vol. 44, No. 6 (November, 2007) 711-31
・ Matthew Paterson, “Environmental Politics: Sustainability and the Politics of Transformation,” International Political Science Review, Vol. 28, No. 5 (November, 2007) 545-56
・ William J. Perry, “Technology: Many Triumphs; A Few Tragedies,” 『防衛学研究』第37号(2007年11月)19-26頁
・ Yuko Torikata, “Reexamining de Gaulle's Peace Initiative on the Vietnam War,” Diplomatic History, Vol. 31, Issue 5 (November, 2007) 909-38
・ Shu Guang Zhang, “Constructing ‘Peaceful Coexistence’: China's Diplomacy toward the Geneva and Bandung Conferences, 1954-55,” Cold War History, Vol. 7, Issue 4 (November, 2007) 509-28



・ 青山忠正『高杉晋作と奇兵隊』(吉川弘文館、2007年)(『日本歴史』第714号(2007年11月)128-30頁)評/三宅紹宣
・ 粟屋憲太郎『東京裁判への道 上・下』(講談社選書メチエ、2006年)(『史苑』(立教大学史学会)第68巻第1号(2007年11月)101-05頁)評/豊田雅幸
・ 池本今日子『ロシア皇帝アレクサンドル一世の外交政策 ヨーロッパ構想と憲法』(風行社、2006年)(『歴史学研究』第834号(2007年11月)70-73頁)評/君塚直隆
・ 宇京?三『フランス-アメリカ この』(三元社、2007年)(『読売新聞』2007年11月4日)評/櫻井孝頴
・ 樫村愛子『ネオリベラリズムの精神分析 なぜ伝統や文化が求められるのか』(光文社新書、2007年)(『中央公論』第1483号(2007年11月)271頁)評/鈴木謙介
・ 霞信彦『矩を踰えて 明治法制史断章』(慶応義塾大学出版会、2007年)(『読売新聞』2007年11月18日)評/橋本五郎
・ 片山杜秀『近代日本の右翼思想』(講談社選書メチエ、2007年)(『文藝春秋』2007年11月号)評/佐藤優
・ 片山杜秀『近代日本の右翼思想』(講談社選書メチエ、2007年)(『毎日新聞』2007年11月18日)評/田中優子
・ 加藤陽子『満州事変から日清戦争へ』(岩波新書、2007年)(『防衛学研究』第37号(2007年11月)156-62頁)評/荒川憲一
・ 北岡伸一『国連の政治力学 日本はどこにいるのか』(中公新書、2007年)(『改革者』(政策研究フォーラム)第568号(2007年11月)62頁)評/中村英俊
・ 葛谷彩『20世紀ドイツの国際政治思想 文明論・リアリズム・グローバリゼーション』(南窓社、2005年)(『国際政治』第149号(2007年11月)172-75頁)評/戸澤英典
・ ポール・R・クルーグマン著、高中公男訳『国際金融の理論』(文眞堂、2007年)(『世界経済評論』第627号(2007年11月)61-62頁)評/小川英治
・ 黒崎輝『核兵器と日米関係 アメリカの核不拡散外交と日本の選択 1960-1976』(有志舎、2006年)(『国際政治』第150号(2007年11月)203-06頁)評/高橋博子
・ 小出五郎『戦争する国、平和する国 ノーベル平和賞受賞者 現コスタリカ大統領 オスカル・アリアス・サンチェス氏と語る』(佼成出版社、2007年)(『毎日新聞』2007年11月4日)評/中村桂子
・ 黄文雄『戦争の歴史・日本と中国』(ワック、2007年)(『産経新聞』2007年11月4日付)評/岡田英弘
・ 後藤春美『アヘンとイギリス帝国 国際規制の高まり1906~43年』(山川出版社、2005年)(『国際政治』第149号(2007年11月)189-92頁)評/初瀬龍平
・ 酒井哲哉『近代日本の国際秩序論』(岩波書店、2007年)(『外交フォーラム』第232号(2007年11月)84-85頁)評/川島真
・ 阪口功『地球環境ガバナンスとレジームの発展プロセス ワシントン条約とNGO・国家』(国際書院、2006年)(『国際政治』第149号(2007年11月)179-82頁)評/亀山康子
・ 佐藤卓巳、孫安石編『東アジアの終戦記念日』(ちくま新書、2007年)(『改革者』(政策研究フォーラム)第568号(2007年11月)65頁)評/浜口裕子
・ 佐藤忠男『草の根の軍国主義』(平凡社、2007年)(『論座』第150号(2007年11月)312-13頁)評/末延芳晴
・ 庄司克宏『欧州連合 統治の論理とゆくえ』(岩波新書、2007年)(『朝日新聞』2007年11月25日)評/加藤出
・ 信田智人『日米同盟というリアリズム』(千倉書房、2007年)(『朝日新聞』2007年11月11日)評/奈良岡聰智
・ 島田征夫、杉山晋輔、林司宣編『国際紛争の多様化と法的処理 栗山尚一先生・山田中正先生古稀記念論集』(信山社、2006年)(『国際法外交雑誌』第106巻第3号(2007年11月)122-28頁)評/岩月直樹
・ 田中素香『拡大するユーロ経済圏 その強さとひずみを検証する』(日本経済新聞出版社、2007年)(『世界経済評論』第627号(2007年11月)59-60頁)評/小山洋司
・ 段家誠『世界銀行とNGOs』(築地書館、2006年)(『国際政治』第149号(2007年11月)182-85頁)評/古城佳子
・ アルフレート・デーブリーン著、岸本雅之訳『ポーランド旅行』(鳥影社、2007年)(『産経新聞』2007年11月11日)評/池内紀
・ ジャック・デリダ著、増田一夫訳『マルクスの亡霊たち』(藤原書店、2007年)(『朝日新聞』2007年11月4日)評/巽孝之
・ 鳥飼玖美子『通訳者と戦後日米外交』(みすず書房、2007年)(『外交フォーラム』第232号(2007年11月)86頁)評/川島真
・ 中島信吾『戦後日本の防衛政策 「吉田路線」をめぐる政治・外交・軍事』(慶應義塾大学出版会、2006年)(『国際政治』第150号(2007年11月)210-13頁)評/豊下楢彦
・ 長田彰文『日本の朝鮮統治と国際関係 朝鮮独立運動とアメリカ 1910-1922』(平凡社、2005年)(『国際政治』第150号(2007年11月)207-10頁)評/高原秀介
・ 中野聡『歴史経験としてのアメリカ帝国 米比関係史の群像』(岩波書店、2007年)(『朝日新聞』2007年11月25日)評/赤澤史朗
・ ハリー・ハルトゥーニアン著、梅森直之訳『近代による超克 戦間期日本の歴史・文化・共同体 上・下』(岩波書店、2007年)(『論座』第150号(2007年11月)308-309頁)評/安丸良夫
・ 福留真紀『徳川将軍側近の研究』(校倉書房、2006年)(『歴史評論』第691号(2007年11月)87-91頁)評/下重清
・ 古川隆久『大正天皇』(吉川弘文館、2007年)(『中央公論』第1483号(2007年11月)268頁)評/佐藤卓巳
・ ズビグニュー・ブレジンスキー著、峯村利哉訳『ブッシュが壊したアメリカ』(徳間書店、2007年)(『日本経済新聞』2007年11月4日)評/村田晃嗣
・ マーク・ボウデン著、伏見威蕃訳『ホメイニ師の賓客 イラン米大使館占拠事件と果てなき相克 上・下』(早川書房、2007年)(『論座』第150号(2007年11月)310-11頁)評/田中浩一郎
・ アンナ・ポリトコフスカヤ著、鍛原多恵子訳『ロシアン・ダイアリー 暗殺された女性記者の取材手帳 上・下』(日本放送出版協会、2007年)(『論座』第150号(2007年11月)314頁)評/林克明
・ 村井友秀、真山全編著『安全保障のフロンティア 21世紀の国際関係と公共政策 I・II』(明石書店、2007年)(『防衛学研究』第37号(2007年11月)163-67頁)評/加藤朗
・ 明治大学史資料センター編『尾佐竹猛研究』(日本経済評論社、2007年)(『読売新聞』2007年11月11日)評/御厨貴
・ 山口昌子『エリゼ宮物語』(扶桑社、2007年)(『産経新聞』2007年11月18日)評/友田錫
・ 吉村慎太郎『イラン・イスラーム体制とは何か 革命・戦争・改革の歴史から』(書肆心水、2005年)(『国際政治』第149号(2007年11月)176-78頁)評/松永泰行
・ 渡辺隆喜『日本政党成立史序説』(日本経済評論社、2007年)(『日本史研究』第543号(2007年11月)70頁)評/三村昌司
・ Department of State, ed., Foreign Relations of the United States, 1969–1976: South Asia Crisis, 1971, vol. XI (Washington, DC: U.S. Government Printing Office, 2005) (Diplomatic History, Vol. 31, Issue 5 (November, 2007) 959-63) 評/Gary R. Hess
・ Michel Gobat, Confronting the American Dream: Nicaragua under U.S. Imperial Rule (Durham, NC: Duke University Press, 2005) (Diplomatic History, Vol. 31, Issue 5 (November, 2007) 945-48) 評/Eric Paul Roorda
・ Daniel Lawler and Carolyn Yee, eds., Foreign Relations of the United States, 1964–1968: Dominican Republic; Cuba; Haiti; Guyana, Vol. XXXII (Washington, DC: Government Printing Office, 2005) (Diplomatic History, Vol. 31, Issue 5 (November, 2007) 953-57) 評/Stephen G. Rabe
・ Hsiao-Ting Lin, Tibet and Nationalist China’s Frontier: Intrigue and Ethnopolitics 1928-1949 (Vancouver: University of British Columbia Press, 2006)(『中国研究月報』第717号(2007年11月)53-59頁)評/小林亮介
・ Ricardo D. Salvatore, Imágenes de un imperio: Estados Unidos y las formas de representación de América Latina [Images of an Empire: The United States and the Forms of Representation of Latin America.] (Buenos Aires: Editorial Sudamericana, 2006) (Diplomatic History, Vol. 31, Issue 5 (November, 2007) 939-43) 評/Max Paul Friedman
・ Frank Schimmelfennig, Stefan Engert and Heiko Knobel, International Socialization in Europe: European Organizations, Political Conditionality and Democratic Change (New York: Palgrave Macmillan, 2006)(『国際政治』第150号(2007年11月)214-17頁)評/林忠行
・ David M. K. Sheinin, Argentina and the United States: An Alliance Contained (Athens and London: University of Georgia Press, 2006) (Diplomatic History, Vol. 31, Issue 5 (November, 2007) 949-51) 評/James F. Siekmeier



政治外交検証プロジェクトTOPページへ戻る