タイプ
その他
日付
2008/8/19

第21弾「海塩」(4/5)


4.地図情報






製塩法・原料別に見た全国の自然塩マップ

岩手県・野田村……「のだ塩 ベコの道」/平釜法(直煮式)
東京都・大島町……「海の精」「海の晶」/天日平釜法・天日法
福島県・北塩原村……「会津山塩」/地下塩水を利用した平釜法
長野県・大鹿村……「山塩」/地下塩水を利用した平釜法
石川県・珠洲市……「奥能登揚げ浜塩」/揚げ浜式塩田による天日平釜法
広島県・呉市……「海人の藻塩」/藻塩式
香川県・宇多津町……「入浜の塩」/入浜式塩田による天日平釜法
高知県・佐賀町……「土佐の塩丸」/天日法
沖縄県・粟国村……「粟国の塩」/天日平釜法・天日法
沖縄県・伊平屋村……「塩夢寿美」/天日法

製塩法・原料別に見た全国の自然塩

■岩手県・野田村「のだ塩 ベコの道」/平釜法(直煮式)
岩手県北東部、三陸沿岸に位置する野田村では、江戸時代から海水を直接加熱する直煮法による製塩が盛んに行なわれていた。野田で炊かれた塩は、牛の背に乗せられて「塩の道」を通り、盛岡市や秋田県の鹿角方面まで運ばれた。一度は消滅し、資料にしか残っていなかった製塩法で昔ながらの塩を再現。野田村の観光物産館「ぱあぷる」などで購入できる。
[NPO法人 野田塩ベコの道]  TEL 0194-78-3366

■ 福島県・北塩原村……「会津山塩」/地下塩水を利用した平釜法
福島県北塩原村・大塩裏磐梯温泉の塩分濃度が高い温泉水を、薪を燃料とした平釜で煮詰める。古くから行われてきた製塩法で平成19年(2007)に復活させた。
[会津山塩企業組合] TEL 0241-33-2340
http://www.bandaikougen.com/bandai/inninfo/FHFB199/diary


■ 東京都・大島町「海の精」「海の晶」/天日平釜法・天日法
自然塩復活運動によって、日本でいち早く復活した自然塩。ネット式立体塩田でつくったかん水を平釜で加熱蒸発して結晶させたのが「海の精」。かん水を温室式天日結晶法によって結晶化させたのが「海の晶」だ。
[海の精株式会社] TEL 03-3227-5601
http://www.uminosei.com/


■長野県・大鹿村……「山塩」/地下塩水を利用した平釜法
南アルプスの麓にある大鹿村鹿塩地区に湧く、海水のように塩辛い地下水をくみ上げ、平釜で煮詰める。
[塩の里特産品直売所] TEL 0265-39-2282
http://www2.bbweb-arena.com/escude/myweb1_001.htm


■ 石川県・珠洲市……「奥能登揚げ浜塩」/揚げ浜式塩田による天日平釜法
日本の塩田が全廃された後も観光用施設として例外的に許可され、製塩を続けることが出来た能登の揚げ浜式塩田。「すず塩田村」では揚げ浜式塩田での塩づくり体験が出来るほか、塩の購入も可能。
[奥能登塩田村管理組合] TEL 0768-87-2040
http://www.suzu.co.jp/suzucci/kigyou/enden/enden.htm


■ 広島県・呉市……「海人の藻塩」/藻塩式
海水に浸したホンダワラを乾燥させるという工程を繰り返してかん水をつくり、土器で煮詰めて塩をとる。万葉集にも詠まれた古い製塩法で、「藻塩の会」が10余年に渡る研究の結果、蘇らせた。
[朋和商事株式会社(総販売元)] TEL 03-3297-0571
http://www.moshio.co.jp/


■ 香川県・宇多津町……「入浜の塩」/入浜式塩田による天日平釜法
かつて日本一の生産量を誇っていたが、昭和47年(1972)に廃止された宇多津の入浜式塩田。昭和63年(1988)に体験学習施設として復元され、現在も伝統的な製塩法で塩を生産している。
[宇多津町 産業振興課 振興係] TEL 0877-49-8009
http://www.crft.ne.jp/shio/


■ 高知県・佐賀町……「土佐の塩丸」/天日法
風力と太陽熱を利用してつくったかん水をビニールハウス内の結晶箱に入れ、天日だけで結晶化させる。完全天日塩保存会がつくっている。
[完全天日塩保存会] TEL 0880-55-3226

■ 沖縄県・粟国村……「粟国の塩」/天日平釜法・天日法
立体式塩田タワーに引き入れた海水を風と太陽で濃縮し、平釜でじっくり煮詰める「平釜炊き」とかん水を天日室で結晶化させる「天日塩」がある。
[沖縄海塩研究所]  TEL 098-871-4321
http://www.aguni-salt.com/


■ 沖縄県・伊平屋村……「塩夢寿美」/天日法
風と太陽を利用して立体塩田でかん水をつくり、結晶ハウスに移して天日で自然結晶させる。結晶したものは手でもみ、ミネラルをバランスよく塩の結晶になじませている。
[倶楽部 野甫の塩]  TEL 0980-46-2180
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/nohonoshio/


また全国各地の塩にまつわる歴史・民族的な話題は、塩事業センターによる下記が詳しい。
http://www.shiojigyo.com/a040encyclopedia/encyclopedia4/encyclopedia4_2area/


5.どこで味わい、買うことができるのか


■粟国の塩
「粟国の塩・平釜炊き」、「粟国の塩・天日塩(品切れの場合あり)」、「粟国の塩にがり」などは下記で購入できる。

●沖縄海塩研究所 
沖縄県島尻郡粟国村字東8316
TEL 098-871-4321
E-mail kaien@themis.ocn.ne.jp

●沖縄ミネラル研究所
沖縄県中頭郡読谷村瀬名波926-5
TEL 098-958-0063
http://www.okinawa-mineral.com/
上記ではオンラインショッピングのほか、「粟国の塩」を使っている全国の飲食店の検索もできる。

●わしたショップ
沖縄県久茂地3-2-22 JAドリーム館
TEL 098-864-0555
わしたショップは札幌、東京、名古屋、大阪、福岡にある。
http://www.washita.co.jp/


■ 手もみ完全天日塩 塩夢寿美
「手もみ完全天日塩 塩夢寿美」、天然にがり「海の幸」は電話、ファックスによる注文、下記ホームページのオンラインショッピング、下記のソルトクルーズ内でのみで購入できる。

■ 倶楽部 野甫の塩(電話・ファックスによる受付)
沖縄県島尻郡伊平屋村野甫405-1
TEL 0980-46-2180
FAX 0980-46-2180
(9~17時/火・水曜日休)
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/nohonoshio/

■ 世界の塩資料館「ソルトクルーズ」(販売)
沖縄県島尻郡伊平屋村野甫396-1
(月・木・金・土曜13:00~18:00、日曜8:00~13:00開館)