公開フォーラム

医療・介護制度改革を考える連続フォーラム<第2回>

日時
2013/6/14  18:00-20:00 [終了しました]
場所
日本財団ビル2階 会議室
担当
三原

納得できるケアと透明な料金体系を目指して


東京財団は昨年10月、政策提言「医療・介護制度改革の基本的考え方」を公表し、医療・介護連携によるプライマリ・ケア(初期包括ケア)の充実や政策決定の分権化などを提言しました。

しかし、医療・介護は殆ど全員の国民に関係する領域であり、その基盤である連帯は国民自身が作り上げる必要があります。このため、医療・介護の制度改革に関して、国民が単なる受益者や傍観者ではなく、当事者や納税者の意識を持って議論に参加し、合意を形成して行く必要があります。

そこで、東京財団は非営利・独立の立場を生かし、医療・介護改革についてオープンな立場で関係者が議論する場として、連続フォーラムを開催することにしました。

フォーラムでは、サービス供給体制や報酬制度、保険制度などのテーマについて、厚生労働省が掲げる「地域包括ケア構想」(在宅を中心に生活圏内で医療・介護サービスを切れ目なく提供するシステム)の課題や足りない視点を浮き彫りにしつつ、あるべき方向性を模索します。

第2回は「納得できるケアと透明な料金体系を目指して」と銘打って、治療・ケア行為ごとに加算される現在の報酬体系の見直しについて、東京都江東区を中心に医療・介護サービスを提供する医療法人財団「寿康会」理事長で全日本病院協会副理事長を務める猪口雄二さん、東京都三鷹市を拠点に指名制や独立型ヘルパー、私費の生活支援サービスなど独自の訪問介護サービスを展開しているNPO法人「グレースケア機構」代表の柳本文貴さん、医療経済・経営学を専攻する多摩大学大学院医療・介護ソリューション研究所教授の真野俊樹さんをお招きし、出来高払いを中心とする現在の報酬制度のメリットやデメリット、報酬制度の複雑化が現場に与えている影響、今後の方向性などを議論します。


第62回 東京財団フォーラム
  ― 医療・介護制度改革を考える連続フォーラム <第2回>


【日時】 2013年6月14日(金) 18:00~20:00(受付17:30~)

【会場】 日本財団ビル2階 会議室(港区赤坂1-2-2)

【テーマ】 「納得できるケアと透明な料金体系を目指して」

【スピーカー】
 猪口雄二 (全日本病院協会副理事長、医療法人財団寿康会理事長)
 柳本文貴 (NPO法人グレースケア機構代表)
 真野俊樹 (多摩大学大学院医療・介護ソリューション研究所教授)

【モデレーター】
 三原 岳 (東京財団研究員兼政策プロデューサー)

【参加費】 無料



お申し込みは下記フォームよりお願いいたします





お申し込みが完了しますと、入館証として返信メールが届きますので、プリントアウトの上、フォーラムの当日に受付にお渡し下さい。

お忘れになった場合、ご入場できないことがありますので、あらかじめご了承ください。