Research Programs研究プログラム一覧

ポスト・コロナ時代における持続可能かつレジリエントな医療・看護・介護システムの構築に関する研究
研究代表者:渋谷 健司 研究主幹
ヘルス・メトリクスを用いた政策インパクトのモニタリングと評価に関する研究
研究代表者:野村 周平 主席研究員
健康危機に対するヘルス・レジリエンスの構築に関する研究
研究代表者:渋谷 健司 研究主幹
ポストコロナを見据えたヘルスシステム・イノベーションに関する研究
研究代表者:小野崎 耕平 研究主幹
ポストコロナ時代を見据えたグローバル・ヘルス政策に関する研究
研究代表者:坂元 晴香 主任研究員
教育の「質」が子供の学力や非認知能力に与える影響
研究代表者:中室 牧子 研究主幹
日本の水をめぐる実態の現状分析と未来ビジョンの形成ならびに水を通じた持続可能な地域の構築に向けた政策提言に関する研究
研究代表者:沖 大幹 研究主幹
日本におけるDXの社会的インパクトに関する研究
研究代表者:須藤 修 研究主幹
科学技術政策システムの再構築
研究代表者:城山 英明 研究主幹
次世代の国際競争を勝ち抜くための技術革新と経済再生に向けたシリコンバレーからの政策提言
研究代表者:筒井 清輝 研究主幹
フューチャー・デザイン 世代を超えた持続可能性に関する意思決定手法の構築
研究代表者:小林 慶一郎 研究主幹
多様な国民に受け入れられる財政再建・社会保障制度改革の在り方:行動経済学・政治学の知見から
研究代表者:佐藤 主光 研究主幹
社会性の向上を軸にした教職課程の再構築
研究代表者:松本 美奈 研究主幹
男女共同参画社会の形成と促進につながるエビデンス―世界最先端の研究成果から得られるインプリケーションの紹介と日本での応用を目指して―
研究代表者:尾野 嘉邦 研究主幹
エビデンスに基づく政策立案(EBPM)に資する経済データの活用
研究代表者:飯塚 信夫 研究主幹
Responsible AIに基づくナッジ分析・生成機構実現とその社会実装可能なデータサイエンティスト人材育成の政策提言
研究代表者:中西 崇文 主席研究員
税・社会保障一体改革のグランドデザイン 全世代型社会保障改革とその検証
研究代表者:森信 茂樹 研究主幹
所得税改革の経済分析:2010年代の改革効果のパネル分析と2020年代に求められる改革のマイクロシミュレーション分析
研究代表者:土居 丈朗 研究主幹
加速するエネルギー転換と日本の対応
研究代表者:平沼 光 主任研究員
デジタル経済と国際課税
研究代表者:岡 直樹 研究員
ポスト・コロナ時代の経済政策レジームに関する研究
研究代表者:早川 英男 主席研究員
歴史分析
研究代表者:細谷 雄一 研究主幹
感染症対策の定量的分析:モデルの検証と拡張による「感染症経済学」の構築
研究代表者:千葉 安佐子 博士研究員/政策研究ポスト・ドクトラル・フェロー
人民元の国際化とデジタル化-国際金融システムへのインプリケーション
研究代表者:柯 隆 主席研究員
ブルーエコノミーの国際動向と日本の状況分析
研究代表者:平沼 光 主任研究員
電力ネットワークの効率的な運用と設備形成に向けたエネルギー政策研究
研究代表者:杉本 康太 博士研究員/政策研究ポスト・ドクトラル・フェロー
新着あり
アーカイブ 税・ 社会保障一体改革 ― 消費増税を巡る経緯と重要資料 ―
研究代表者:森信 茂樹 研究主幹
所有者不明土地問題に関する政策動向の分析・発信
研究代表者:吉原 祥子 研究員