名誉研究員

川口順子

川口順子

研究分野・主な関心領域

外交(含核軍縮・核不拡散問題)/環境(特に地球温暖化)/日本の政治・行政および経済 /CSR


▼実施プロジェクト

  • アジア太平洋新秩序(2015-)

▼兼 職

  • 明治大学特任教授

▼経 歴

東京大学教養学部卒業、通商産業省入省。1972年エール大学より経済学修士(M.Phil.)。駐米日本大使館公使、地球環境問題担当審議官などを経て、1993年サントリー株式会社常務取締役。2000年に環境庁長官、2001年環境大臣、2002年外務大臣、2004年総理大臣補佐官(外交担当)を歴任。2005年から13年まで2期にわたり参議院議員。その間、自民党参議院議員副会長、環境委員長および理事、予算委員会理事、憲法審査会幹事、自民党沖縄振興に関する調査会会長、「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」共同議長、世界経済フォーラムのヤンググローバルリーダーズ理事などを務める。東京財団CSR委員会委員。エール大学Wilbur Cross賞受賞。

▼著作等

  • 『国連の将来と日本の役割』(関西学院大学出版会、2005)
  • 『涙は女の武器じゃない-より子流 しなやか激闘録』(小学館、2006)