• 東京財団とは
  • 提言・報告書
  • 研究員
  • イベント
  • お知らせ
  • Topics
  • small
  • midium
  • large

東京財団とは?

公益財団法人 東京財団は、非営利・独立の民間シンクタンクとして、さまざまな問題の本質を見極め、同時に生活感覚や現場を大切にしていきながら、具体的な政策を実現するために世の中に働きかけていきます。また、社会に対する志と、広い視野・深い知恵を持った人材を国内外で育てていきます。政策研究と人材育成―私たちは、これらを両輪に社会をよりよく変えていくことを目指しています。

政策研究・提言 人材育成
閉じる

ピックアップ

全てを見る 前の記事 次の記事

いよいよアメリカ中間選挙が来週火曜日に迫りました。現代アメリカプロジェクト・メンバーの渡辺将人氏(北海道大学准教授)は、選挙直前に発生して結果に影響を与えるオクトーバー・サプライズと呼ばれる10月危機を取り上げ、中間選挙秒読みの現在、エボラ血熱が危機として表面化し、各地の選挙戦でも争点化していると考察。これまで、ハリケーン等の直前危機を追い風に変えてきたオバマ大統領にとって、今回はプラス要因に転嫁できる公算は低いとしながらも、アフリカ系、ヒスパニック系の間で関心が高いエボラ出血熱への対策の成否が、マイノリティ向けアウトリーチとしてもオバマ大統領と民主党への信頼の点で意外な分岐点となると着目しています。

read more

これまで日本はODAを通じて主に経済面で国際社会に貢献してきました。しかし、テロに代表されるような武力を伴う越境的な課題や、大規模な自然災害、感染症等の新たな脅威に対応するためには、開発援助と安全保障の両面からのアプローチが必要です。ODAに留まらない支援形態など、新たな時代に求められる国際協力はどのようにあるべきか。東京財団「対外援助プロジェクト」では、日本の平和構築支援の戦略性と実効性を高めるべく、年内策定予定の新たな援助大綱へ安全保障の視座から9つの提言を発表します。

read more

中国の急速な政治・軍事的な影響力の拡大は、東南アジア各国の安全保障政策の懸念材料となっています。東京財団「現代アジア」プロジェクトでは、米国のアジア太平洋地域へのリバランス政策や南シナ海での中国と沿岸海域国との緊張関係を背景に、リアリズムとパワーの観点から東南アジアの安全保障枠組みを考える新シリーズを始めました。初回は、神保上席研究員がコスト強要戦略とは何か、その概説と議論の変遷を解説。この戦略の具体的な方策の検討として、フィリピン・ベトナムがこの戦略をどのように咀嚼し、力による現状変更を試みる中国の海洋進出に対抗しようとしているのかを分析していきます。

read more

暖房として石炭燃料を多く使用する冬の季節を前に、PM2.5事件以降の中国の環境対策は今どうなっているのか。染野研究員は今回の論考で、昨年9月の政府による大気対策大綱の公表後、大気汚染の改善に向け様々なレベルの計画策定、法律・制度の整備が相次ぎ、とりわけ、地方における対策が進展した現状を解説。他方、環境投資の量、質には課題が残り、地域間の経済格差やインフラ投資の内容、地域保護主義等、中国社会が抱える課題が大気環境の改善を阻害する要因となっている点を浮き彫りにしています。

read more

本年4月に閣議決定された「第四次エネルギー基本計画」により、3.11原発事故後の日本のエネルギーを多元化するための改革が本格的に始まります。しかし、これまでの数々のエネルギー政策と同様、全体像・具体像が十分に示されているとは言えず、その実効性が懸念されます。
9月24日には、九州電力が、急速に普及し拡大してきた再生可能エネルギーをこのまま受け入れると、電力系統に影響を及ぼし九州電力管内の需給調整に支障をきたす恐れがあるとして、住宅用太陽光発電以外の再生可能エネルギーの買取交渉の延期と回答留保を発表しました。これだけを見ても、エネルギー多元化の行方が懸念され、再生可能エネルギーを十分に活用できる体制の構築が急務であるといえます。

東京財団「資源エネルギー」プロジェクトでは、3.11後に示された方針の柱であり、日本の喫緊の課題である「エネルギーの多元化」が「絵に描いた餅」にならないように、その実現のための具体的な施策として、スペインを参照した電力統合体制の構築とその運用を支える技術システムの開発、発送電分離の先行、福島にエネルギー・インテグレーション技術開発の実証モデル地区を創設することを提言しました。

read more

電力の需給が逼迫する状況が続く中、わが国は先端技術を活用した省エネ・高効率機器や再生可能エネルギーの普及に本格的に取り組む方向にあります。「資源エネルギーと日本の外交」プロジェクトをすすめる平沼光研究員は、電力の大半を再生可能エネルギーで賄うスペインでの現地調査を踏まえ、同国のエネルギー事情に関する論考をまとめました。

read more
CSR企業調査
自治体アンケート

Topics

14/10/16

政策提言

日本のエネルギー政策再構築~電力統合体制を構築しエネルギーの多元化を実現せよ~

政府が決定したエネルギー基本計画に記された「多層化・多様化した柔軟なエネルギー需給構造」の改革方針が“絵に描いた餅”にならず着実に実行されるよう、具体的な視点として4つの提言をしました。

14/05/16

政策提言

ポスト社会保障・税一体改革の税制とは

「税制改革」プロジェクトでは、所得の再分配機能を高めて格差拡大の防止や是正を実現させるために、課税ベースの見直しを行うこと、またそれによって公平な税制の構築と税収の増加を目指すことを提言し、あるべき税制改革の方向性を示しました。

14/03/13

政策研究

国土の不明化・死蔵化の危機~失われる国土III

日本の土地制度は、情報基盤、利用ルールのあり方など多くの課題を抱えています。平素は目に見えにくい土地制度の課題について、管理放棄・権利放置の現状と今後の拡大を推計し、人口減少とグローバル化が進む中での制度のあり方について検討しました。

14/02/13

政策研究

ウルグアイラウンドと農業政策~過去の経験から学ぶ

TPP交渉をにらみながら、国内では「減反廃止」や農地中間管理機構などの農政改革が今年から本格的に動き出します。この現況を踏まえ、過去の検証の必要性に立ち、ガット・ウルグアイラウンドの交渉経過とその後の対策について検証しました。

13/12/04

政策提言

独立推計機関を国会に

財政再建や社会保障政策のもととなる推計は、過去の経緯や所管にとらわれない独立機関が扱うべきであるとの考えから、その設立の意義およびそのあり方について提言しました。

13/11/11

政策提言

海洋安全保障と平時の自衛権 ~安全保障戦略と次期防衛大綱への提言~

次期防衛大綱および国家安全保障会議創設をにらみ、日本が喫緊にとるべき優先順位の高い政策課題について提言

13/09/18

政策提言

安倍外交への15の視点 ~ナショナリズムよりもリアリズムの追求を~

幅広い観点から、グローバルな課題、アジア地域の安定、日米同盟といった政策課題について議論を重ね、リアリズムに基づいた硬軟両様の日本外交のあり方を提言。

13/07/10

政策提言

財政危機時の政府の対応プラン

日本の財政状況は非常に厳しく、現行制度下で少子高齢化が進めば、さらなる悪化が予想されます。財政危機の到来を予測することはできませんが、事前の整理と準備が必要です。そうした観点から、「財政危機時の政府の対応プラン」についてまとめました。

新着情報

2014年米国中間選挙アップデート
Views on China
チャイナ・ウォッチャーによる分野横断的なレポートや論考
ユーラシア情報ネットワーク
AMERICA NOW
アメリカ社会のさまざまな側面を掘り下げた現地からの最新レポート
生命倫理サロン
臓器移植、再生医療、代理出産などの生命倫理の問題を考える
東京財団週末学校
シルフ
医療・介護制度改革を考える連続フォーラム
政治外交検証研究会
日本外交に関する優れた著書・論文を紹介します
被災地の聞き書き101