新着記事

トピックス
タイプ
論考
プロジェクト
現代中国
日付
2015/04/16

【Views on China】中国研究者が読む『21世紀の資本』

世界中で格差に関する議論を巻き起こした『21世紀の資本』。先進国のみならず新興国においても、民主主義と資本主義が経済成長と明るい未来をもたらすというシナリオを見通すことが次第に難しくなり、貧富の格差が拡大すると考える人が増えているのではないだろうか―。中国の経済システムの比較研究を行うViews on Chinaシリーズ執筆メンバーの加藤弘之氏(神戸大学大学院教授)は、本書のピケティの議論のうち、経済発展に従って格差は拡大するがその後は縮小に向かうというサイモン・グズネッツの逆U字仮説への批判、賃金は限界生産力、主にその技能で決まるという考えに基づいた人的資本論への疑念、労働所得より所有資本が生む格差の議論の3点に着目。一党独裁体制の下で独自の政治経済システムをもつ中国でも同様の批判は成り立つのか、中国にしかない特徴について考察しました。
続きを読む
タイプ
論考
プロジェクト
現代中国
日付
2015/04/15

【Views on China】政府活動報告に見る2015年のマクロ経済政策

続きを読む
トピックス
タイプ
論考
プロジェクト
地方議会の改革
日付
2015/04/09

住民代表機関としての議会の役割―2015年統一地方選挙を前に考える―

統一地方選挙の前半戦がいよいよ今週末に迫まります。どの候補者に一票を投じるのか、有権者一人ひとりの判断がこれからの地方行政の行方を形作ります。それには、地方議会本来の役割、あり方を正しく理解した上で候補者を選択することが重要です。長年、北海道・栗山町議会事務局長を務めた中尾研究員は、「住民参加」をキーワードに、首長を代表とする執行機関と競合し、住民の声と直接向き合うことが議会には求められていると指摘。他方で、地域経営の結果を享受する住民自身も「眠れる議会」を許さず、議会に関心をもち続ける必要があると訴えています。
続きを読む
タイプ
論考
プロジェクト
現代アメリカ
日付
2015/04/08

アメリカNOW第126号 NBC Nightly Newsアンカー降板問題:米テレビ・ジャーナリズムにおける含意:後編(渡辺将人)

続きを読む
トピックス
タイプ
論考
プロジェクト
経済のかたち
日付
2015/04/02

「資本主義の新しい形」に向けての一考察

市場が円滑に働いていれば、各人が自分の利益を追求することが社会的利益をもたらすという“見えざる手”の思想を中心にする資本主義は、今、様々な問題を生み出しています。これらの問題に対して、対症療法を超えてこれに対抗できるような、資本主義に匹敵する普遍性のある原理を提示することはできるのか―。岩井名誉研究員は、経済学を基本に幅広い領域の視点を交えた議論を通し、資本主義の担い手である自己利益追及の法的手段である「契約」に対立する概念としての「信任」の関係に着目し、この新しい視座が資本主義の「新たな形」を探し求める手がかりとなるか、日本の伝統芸能―文楽―のあり方から考察しています。
続きを読む
タイプ
論考
プロジェクト
現代アメリカ
日付
2015/04/01

アメリカNOW第125号 NBC Nightly Newsアンカー降板問題:米テレビ・ジャーナリズムにおける含意:前編(渡辺将人)

続きを読む
トピックス
タイプ
論考
プロジェクト
現代中国
日付
2015/03/26

【Views on China】中国対外戦略の展開

構造改革を進めつつ、中高速の安定成長の両立を目指す「新常態(ニューノーマル)」を訴えた今年の中国全人代が15日閉幕しました。中国を専門に見る小原研究員は、西進戦略を元に、陸上と海上に巨大な経済圏を建設しよういう一帯一路イニシアティブや東南アジアにおける「双軌」モデルに見る中国の外交政策について考察。さらに、経済力・軍事力を背景に中国が拡大を狙う影響力とは何なのか、また覇権を争う米中衝突における中国の意図を分析する意義について論じました。
続きを読む
タイプ
論考
プロジェクト
現代中国
日付
2015/03/20

【Views on China】柴静論争と中国の言論空間 ―環境問題は開放的な討議の空間を発展させられるのか―

続きを読む
タイプ
論考
プロジェクト
ユーラシア情報ネットワーク
日付
2015/03/20

21世紀の東アジアで戦争は起きるだろうか―第一次世界大戦から学ぶべき「歴史の教訓」

続きを読む
トピックス
タイプ
論考
プロジェクト
ユーラシア情報ネットワーク
日付
2015/03/19

新たなミンスク停戦合意に見るウクライナ危機の構図

ウクライナ東部での同国政府軍と親ロ派武装勢力の戦闘は、停戦合意から1ヶ月が経過し、収束、沈静化したように見えます。今回のドイツ、フランス、ロシア、ウクライナの4ヵ国による和平交渉、合意を導いたものは何だったのか、鶴岡研究員は、事態の推移の大きな要因となった米国によるウクライナへの武器供与の可能性と、それに関連したウクライナ危機を巡るエスカレーションへの懸念に着目し考察しています。欧州諸国は何を脅威と見るのか、武器供与問題に揺れた西側の対応から、この問題の国際的構図を明らかにしました。
続きを読む
タイプ
レポート
プロジェクト
ユーラシア情報ネットワーク
日付
2015/03/13

分析レポート「イスラム国(IS)の特徴(2)~ISが停滞するグローバルジハードに与えた影響~」

続きを読む

政策提言・報告書

タイプ
政策提言・報告書
プロジェクト
日本の対外援助協力
日付
2014/10/23

ODA大綱改定への安全保障の視座からの提言

続きを読む(PDF)
タイプ
政策提言・報告書
プロジェクト
資源エネルギー
日付
2014/09/25

日本のエネルギー政策再構築~電力統合体制(Energy Integration)を構築しエネルギーの多元化を実現せよ~

続きを読む(PDF)
タイプ
政策提言・報告書
プロジェクト
CSR研究
日付
2014/07/23

CSR白書2014―統合を目指すCSR その現状と課題

続きを読む(PDF)
タイプ
政策提言・報告書
プロジェクト
税制改革
日付
2014/05/16

ポスト社会保障・税一体改革の税制とは

続きを読む(PDF)
タイプ
政策提言・報告書
プロジェクト
国土資源保全
日付
2014/03/13

国土の不明化・死蔵化の危機~失われる国土III

続きを読む(PDF)
タイプ
政策提言・報告書
プロジェクト
国際化に備える農業政策
日付
2014/02/13

ウルグアイラウンドと農業政策~過去の経験から学ぶ

続きを読む(PDF)
タイプ
政策提言・報告書
プロジェクト
日本の経済財政シナリオ
日付
2013/12/05

独立推計機関を国会に

続きを読む(PDF)
タイプ
政策提言・報告書
プロジェクト
安全保障
日付
2013/11/11

海洋安全保障と平時の自衛権 ~安全保障戦略と次期防衛大綱への提言~

続きを読む(PDF)
タイプ
政策提言・報告書
プロジェクト
現代中国
日付
2013/10/31

VIews on China -中国の今、プロが観るⅠ(2013年5~9月)

続きを読む(PDF)
タイプ
政策提言・報告書
プロジェクト
日本外交の指針(2011-12)
日付
2013/09/18

安倍外交への15の視点 ~ナショナリズムよりもリアリズムの追求を~

続きを読む(PDF)

動画

中国の今、プロが観る

中国の今、プロが観る

動画を見る

メールマガジン