News
ニュース

August 23, 2019

『土地はだれのものか:人口減少時代に問う』の第2章「土地が見捨てられる?『所有者不明土地問題』に見る土地制度の課題」を吉原祥子研究員が執筆いたしました

本年8月に白揚社より刊行された、『土地はだれのものか:人口減少時代に問う』(「土地はだれのものか」研究会)の第2章「土地が見捨てられる?『所有者不明土地問題』に見る土地制度の課題」を吉原祥子研究員が執筆いたしました。

https://www.tkfd.or.jp/research/detail.php?id=3205

一覧へ戻る