Responsible AIに基づくナッジ分析・生成機構実現とその社会実装可能なデータサイエンティスト人材育成の政策提言

プロジェクトメンバー

本プログラムでは、Responsible AIに基づく行動させるコミュニケーション、ナッジの分析・生成機構の実現・実装をデータサイエンス教育の一環で遂行し、その過程でデータサイエンスティストの人材育成に必要な要素を洗い出し、その成果をResponsible AIを社会実装可能なデータサイエンスティストの具体的な人材育成方法として政策提言する。

データサイエンス・AI社会を実現し、スケールさせていく上で、データサイエンス・AIの信頼性(Reliability)と説明可能性(Accountability)を担保するようなデザイン、開発手法の確立は最重要課題と考える。我々は、特に、Responsible AIについて、技術で解決可能な説明可能性(Accountability)に着目し、AIによって生成・導出されるナッジについて、ユーザの必要に応じて根拠を提示する機構を実現する。AIの説明可能性(Accountability)が担保されれば、信頼性(Reliability)も高まると考える。

さらに、データサイエンス・AI社会を実現し、全分野にスケールさせるためには、Responsible AIを社会実装可能なデータサイエンティスト人材育成が重要となる。

研究代表者

中西 崇文/Takafumi Nakanishi

中西 崇文

  • 主席研究員

研究分担者

(アルファベット順)