News
ニュース

July 28, 2020

チャールズ・クラブツリー シニア・データサイエンティストの論文がPLOS ONE誌に掲載されました

シニア・データサイエンティストのチャールズ・クラブツリーが執筆した査読付き論文がPLOS ONE誌に掲載されました。これは警官による暴行を裁くシステムに見られる、ジェンダーバイアスをテーマにしたものです。

▼ Kristine Eck, Charles Crabtree. Gender Differences in the Prosecution of Police Assault: Evidence from a Natural Experiment in Sweden” 
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0235894 (「PLOS ONE」サイトへ)

▼ チャールズ・クラブツリー シニア・データサイエンティストのプロフィール等はこちら
https://www.tkfd.or.jp/experts/detail.php?id=563

 

警官による暴行・不正行為への申し立てを行うシステムにおけるバイアスは、法の下の平等を巡る難しい問題です。そして警官の暴力に対する抗議や、許容される暴力とは何かといった米国での議論が過熱するいま、注目を集めるテーマでもあります。

スウェーデン・ウプサラ大学のKristine Eckとの共著である本論文では、検察官が女性である場合、警官からの暴行を受けたことに対する申し立てに基づき調査を開始する確率が、男性の検察官より16%高まることを示しました。

この調査結果は、国による人権侵害や、民主的な機関、司法における不平等をテーマとする研究者への示唆を与えるものです。

一覧へ戻る