【参加受付中】ウェビナー「教育経済学の最前線」 | 東京財団政策研究所

東京財団政策研究所

詳細検索

東京財団政策研究所

EVENTS

イベント

2024 3.13 WED

【参加受付中】ウェビナー「教育経済学の最前線」

2024年3月13日(水)13:0015:00
※ 事前登録制/参加無料/Zoomウェビナー使用/使用言語:日本語

「教育をよくする」といえば、多くの人が教員の数を増やすとか、勉強時間を延ばすといった、「量」に注目しがちですが、近年の研究は「質」が重要であることを示すものが増えています。わが国の社会は、人口が減少するさなかにあり、その影響は教育にも及んでいます。保育士も教員も人手不足に陥っているのです。このような中では、ことさら教育の「質」に着目した研究が重要です。また本研究グループの特徴として、自治体や企業と共同して、独自に収集したデータの分析をしているということもあります。本ウェビナーは、研究プログラム「教育の『質』が子供の学力や非認知能力に与える影響」の2年半にわたる研究の成果報告会です。まだ、正式な論文になっていないものがほとんどですが、暫定的な結果の報告となりますことをご了承ください。


◆ 登壇者 (敬称略・順不同)

<研究プログラム「教育の『質』が子供の学力や非認知能力に与える影響」メンバー>
中室牧子 東京財団政策研究所 研究主幹(研究代表者)/慶應義塾大学 教授
藤澤啓子 東京財団政策研究所 研究主幹/慶應義塾大学 教授
浅川慎介 東京財団政策研究所 研究員/佐賀大学 助教
喜屋武享 東京財団政策研究所 研究員/琉球大学 准教授
レ・クン・チエン 東京財団政策研究所 研究員/慶應義塾大学 特任研究員

<ゲスト登壇者>
佐藤豪竜 京都大学助教
三浦貴弘 和歌山大学特任講師


◆ プログラム  ※敬称略。内容に変更が生じる可能性があります。

・はじめに(中室牧子)
・保育の質の決定要因(レ・クン・チエン)
・保育の質がこどもの教育成果に与える影響(佐藤豪竜)
・保育の質は高められるのか―自治体におけるランダム化比較試験(藤澤啓子)
・行政データを用いた就学期の児童・生徒の健康の分析(喜屋武享)
・演奏順が早いと不利になるのか―ピアノコンクールのデータを用いて(浅川慎介)
・スポーツをすると学力は下がるのか(三浦貴弘)
・質疑応答(30分程度)
・終わりに(中室牧子)


◆ 本研究プログラム紹介ページ

研究プログラム「教育の『質』が子供の学力や非認知能力に与える影響


 

一覧へ戻る

INQUIRIES

お問合せ

取材のお申込みやお問合せは
こちらのフォームより送信してください。

お問合せフォーム