Experts
研究者

中室 牧子/Makiko Nakamuro

中室 牧子 Makiko Nakamuro

  • 研究主幹

1998年慶應義塾大学卒業後、日本銀行等を経て、2010年にコロンビア大学でPh.D.。専門は教育経済学。2013年から慶應義塾大学総合政策学部准教授。2019年から同学部教授。2021年からデジタル庁のデジタルエデュケーション統括。

【兼 職】
慶應義塾大学総合政策学部教授

研究分野・主な関心領域

  • 教育経済学

研究プログラム

教育の「質」が子供の学力や非認知能力に与える影響


主な著作等

Ito, H., Kasai, K., Nishiuchi, K. & Nakamuro, M. (2021). “Does Computer-aided Instruction Improve Children’s Cognitive and Non-cognitive Skills?” Asian Development Review, 38(1), 98–118.
Ito, H., Nakamuro, M., & Yamaguchi, S. (2020). “Effects of class-size reduction on cognitive and non-cognitive skills.” Japan and The World Economy, 53, 100977.
Matsuoka, R., Nakamuro, M., & Inui, T. (2015). “Emerging inequality in effort: A longitudinal investigation of parental involvement and early elementary school-aged children’s learning time in Japan.” Social Science Research, 54, 159-176.
Griffen, A. S., Nakamuro, M., & Inui, T. (2015). “Fertility and maternal labor supply in Japan: Conflicting policy goals?” Journal of the Japanese and International Economies, 38, 52-72.