明治150年を展望する――近代の始まりから平成まで

研究会レポート

明治元年の1868年から150年、平成30年の節目にあたる今年。日本を近代国家へ変貌させた明治を起点に、現代に至るまでの150年の日本政治・外交の歴史を繙く。どのような持続・変容・循環のサイクルでとらえることができるのか。平成時代は歴史の流れのなかにどう位置づけられ、いま日本が直面する課題は何か。明治150年の歴史に学ぶ。

※本稿は2018年1月30日に開催した政治外交検証研究会の議論、出席者による論考をもとに東京財団政策研究所が構成・編集したものです。

【出席者】 (順不同、肩書は当時)

・五百旗頭 薫(政治外交検証研究会幹事役/東京大学大学院法学政治学研究科教授)

・小宮 一夫(政治外交検証研究会幹事役/駒澤大学文学部非常勤講師)

・宮城 大蔵(政治外交検証研究会幹事役/上智大学総合グローバル学部教授)

・細谷 雄一(東京財団上席研究員/政治外交検証研究会幹事役/慶應義塾大学法学部教授)*モデレーター

【目次】

■第1回: 歴史の教訓を現代につなぐ

■第2回: 基本条約と憲法から150年を語る

■第3回: メディアと政治と民主主義

■第4回: 「明治150年」のなかの「平成30年」

■第5回: 世界史と日本史のサイクル

■第6回: 己に対する知識を完成させよ

■第7回: 150年をまるごと視野に入れることで

明治150年を展望する 論考

「ポスト明治100年の答え合わせ」 :村井 良太(政治外交検証研究会メンバー/駒澤大学法学部教授)

「明治150年と国家という生き物―多様なストーリーラインを求めて―」 :村井 哲也(政治外交検証研究会メンバー/明治大学法学部兼任講師)