CSR企業調査から見えてきた 持続可能な社会をつくる企業のすがた

東京財団研究員 亀井善太郎

東京財団では2013年より CSR研究プロジェクト を立ち上げ、公共政策の立場から企業セクターの役割について調査研究を進めてきた。プロジェクトは「CSR企業調査」と呼ばれる大企業等を中心としたアンケート調査等に基づいており、本稿は2014年夏に行われた第2回調査の定量データ分析から見えてきた日本のCSRの実態と直面する課題を明らかにしたものである。すでに本HPで公開している 「社会に応える『しなやかな』会社のつくり方」 と併せてご覧いただきたい。


(論考全文) CSR企業調査から見えてきた持続可能な社会をつくる企業のすがた

目次

  • 1.東京財団CSR企業調査について
  • (1)本調査の構造
  • (2)回答状況
  • 2.本調査から明らかになってきたこと
  • (1)社会課題別の取り組み状況
  • (2)CSRによって得られた企業にとっての成果
  • (3)CSRにおける検討→実践→評価・改善(PDCA)プロセス
  • (4)ガバナンスの影響
  • (5)CSRを進めていく上での課題


本文を読む

亀井 善太郎

  • 元東京財団研究員