デジタル化と租税法

デジタル課税と税制研究会 第8回(令和元年726日)において、早稲田大学教授 渡辺徹也教授から「デジタル化と租税法」についてご報告をいただき、研究会メンバーで議論をいたしました。

 

・経済のデジタル化に関するOECD「作業計画」とG20財務大臣福岡会合-法人税の課題

・経済のデジタル化と売上税(デジタルサービス税)

・シェアリング・エコノミーに対する課税

・税務執行と納税環境

・地方税の問題

・他の法分野

 

↓↓ここをクリック

早稲田大学 渡辺徹也 「デジタル化と租税法」

 

渡辺 徹也

  • 早稲田大学法学学術院 教授