国際課税におけるデジタル化問題の位置づけ

デジタル課税と税制研究会 第11回(2020年1月30日)において、一橋大学渡辺智也教授から「国際課税におけるデジタル化問題の位置づけ」についてご報告をいただき、研究会メンバーで議論をいたしました。

↓↓ここをクリック

一橋大学渡辺智也教授 「国際課税におけるデジタル化問題の位置づけ」

渡辺 智也

  • 一橋大学大学院経済学研究科国際・公共政策大学院教授