CSR白書2022――カーボンニュートラルへの挑戦 | 研究プログラム | 東京財団政策研究所

東京財団政策研究所

詳細検索

東京財団政策研究所

CSR白書2022――カーボンニュートラルへの挑戦

December 16, 2022

書籍刊行のご案内

東京財団政策研究所では2013年度よりCSR研究プロジェクトを立ち上げ、企業コミュニティの知見と経験を、国内外の社会課題の解決にも活かしていくための調査研究を進めています。今年度も、CSR企業調査、有識者による最新論文、企業インタビューを収録した『CSR白書2022』を刊行いたしました。

今年度は、平沼光主席研究員の監修のもと、テーマを「カーボンニュートラル」に設定し、より具体的な事例紹介や提言を掲載した白書別冊も刊行予定です。20231月に白書/別冊のウェブサイトにて公開いたしますので、今しばらくお待ちください。

 

CSR白書2022PDF版ダウンロード(無料)について

ダウンロードをご希望の方は下記よりアンケートにご回答ください。アンケート完了画面にて『CSR白書2022PDF版をダウンロードいただけます。

CSR白書2022PDF版ダウンロード用アンケートはこちら


2022年度よりPDFご提供の運用が変わりましたのでご了承ください。

※また、白書巻末に掲載しておりましたCSR「企業調査」質問票は、今年度からウェブサイトでの公開のみとなりました。第9回CSR「企業調査」質問票のダウンロードはこちら

※本アンケートで得た情報につきましては、当研究所でより良い成果発信に向けて使用するものであり、厳格に運用・管理致します。ご協力いただきました皆様の個人情報を開示することはございません(プライバシーポリシーはこちら)。

内容のご紹介

202010月、菅首相(当時)は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、カーボンニュートラルを目指すことを宣言しました。気候変動による豪雨の増加や気温上昇がますます深刻化する中で、持続可能な未来に向けて政府や企業、そして私たち一人ひとりが一丸となって事態の改善に取り組む必要があります。

しかし、カーボンニュートラルに向けた取組の重要性を認識しつつも、どのように向き合って行けばよいのか悩んでいる企業も少なくありません。

こうした状況を踏まえ、2014 年の刊行から9 冊目となる『CSR 白書2022』では、「カーボンニュートラル」に焦点を合わせることといたしました。第9回企業調査では企業の意識や取組内容、直面している課題などを探り、専門家の皆さまには「カーボンプライシング」「スコープ3」「技術予測」などさまざまな視点からカーボンニュートラルについての論考をおよせいただいたほか、モデルとなる取組を実施している企業へのインタビューも行っております。

=======

【目次より抜粋】

■第1部 企業調査分析

・第9回「CSR 企業調査」分析

■第2部 有識者論考

・炭素価格のタイプと企業の対応(昔 宣希)

・スコープ3の排出量削減・情報開示(高瀬 香絵)

・カーボンニュートラルに貢献する科学技術の未来予測—第11回科学技術予測調査より(浦島 邦子)

■第3部 企業事例

・石井造園株式会社――CSRをもっと身近に、未来社会をもっと幸せに

・住友金属鉱山株式会社――国際的潮流の中で果敢に挑戦する

・株式会社富士通ゼネラル――できることから着手し、早期の再エネ100%転換を実現

▼書籍販売

書籍『CSR白書2022』のお求めは、アマゾンへ(外部サイト「Amazon.co.jp」へ)

https://www.amazon.co.jp/dp/4860270169

(12月16日より販売)

▼『CSR白書』PDF版のご案内

CSR白書2022』のPDF版(全文)は こちらのアンケートへ ※第9回「CSR事業調査」質問票はこちらから

CSR白書2021』のPDF版(全文)はこちらから(9.13MB正誤表

CSR白書2020』のPDF版(全文)はこちらから (9.00MB)※正誤表

CSR白書2019』のPDF版(全文)はこちらから(8.26MB

CSR白書2018』のPDF版(全文)はこちらから(5.00MB

CSR白書2017』のPDF版(全文)はこちらから(4.56MB

CSR白書2016』のPDF版(全文)はこちらから(7.19MB

CSR白書2015』のPDF版(全文)はこちらから(9.81MB

CSR白書2014』のPDF版(全文)はこちらから(18.9MB


    • CSR 研究プロジェクト
    • CSR 研究プロジェクト

注目コンテンツ

BY THIS AUTHOR

この研究員のコンテンツ

0%

INQUIRIES

お問合せ

取材のお申込みやお問合せは
こちらのフォームより送信してください。

お問合せフォーム