日米中シンポジウム2011

「東アジアの新秩序構造と日米中関係」


主催:中国社会科学院、社会科学院日本研究所、東京財団
共催:国際交流基金
日時:2011年9月6日
場所:北京国際飯店多目的ルーム

 

9:30-10:00 開幕式

李楊(中国社会科学院副院長)
河野洋平(前衆議院議長)
丹羽宇一郎(特命全権大使中華人民共和国駐箚)

開幕式の議事録は こちら

 

10:00-12:00 セッション1「日本研究の回顧と展望」

【モデレータ】
エズラ・ボーゲル(ハーバード大学社会関係学科ヘンリー・フォードII名誉教授)

【発表】
李薇(中国社会科学院日本研究所所長)
パトリシア・スタインホフ(ハワイ大学社会学部教授)

【コメント】
蒋立峰(中国社会科学院日本研究所前所長)
マーク・マニン(米国連邦議会調査局アジア地域専門官)
川島真(東京大学大学院総合文化研究科准教授)
五百旗頭薫(東京大学社会学研究所准教授)

セッション1の議事録は こちら

 

13:30-15:30 セッション2「日米中関係の将来」

【モデレータ】
渡部恒雄 (東京財団上席研究員)

【発表】
王緝思(北京大学国際関係学院院長)
アラン・ロンバーグ(ヘンリー・L・スティムソンセンター特別上席研究員、東アジアプログラムディレクター)
高原明生 (東京財団上席研究員、東京大学大学院法学政治学研究科教授)

【コメント】
崔立如(中国現代国際関係研究院院長)
ケント・カルダー(ジョンズホプキンス大学教授、同SAISエドウィン・ライシャワー東アジア研究所所長)
行天豊雄(公益財団法人 国際通貨研究所理事長)

セッション2の議事録は こちら

 

15:40-17:40 セッション3「東アジアの協力と新秩序 -East Asia Summitについて-」

【モデレータ】
張宇燕(中国社会科学院世界経済政治研究所所長)

【発表】
楊毅(国防大学戦略研究所前所長)
パトリック・クローニン(新米国安全保障センター上級顧問、アジア太平洋安保プログラム上級ディレクター)
柳澤協二(日本生命顧問、元内閣官房副長官補)

【コメント】
李向陽(中国社会科学院アジア太平洋研究所所長)
ケイ・シミズ (コロンビア大学政治学部、ウェザーヘッド東アジア研究所助教授)
渡部恒雄 (東京財団上席研究員)

セッション3の議事録は こちら

 

17:40-17:50 シンポジウム総括

黄平(中国社会科学院米国研究所所長)