【開催報告】第1回BBLセミナー「30分速習コース 教育・労働・医療をデータで斬る」

(概要)

テーマ:「30分速習コース 教育・労働・医療をデータで斬る」

日時:2018年12月10日(月)12:15-13:30

場所:東京財団政策研究所 大会議室

講師:成田悠輔(イェール大学助教授)

司会:西川正郎(東京財団政策研究所 政策アドバイザー)

 

 

この度、東京財団政策研究所では、日本における政策ネットワークの拡充と政策議論喚起のため、BBLセミナー(BBL:Brown Bag Lunch Seminar Series)を随時開催する運びとなりました。

第1回目となった12月10日は、イェール大学助教授 成田悠輔氏を講師にお迎えし、「30分速習コース 教育・労働・医療をデータで斬る」という演題でご講演頂きました。

発表資料はこちら

成田氏からは、回帰不連続分析やランダム化実験、自然実験などの研究手法について、具体的な研究例をもとに解説が行われ、それらの手法のEBPM(Evidence-Based Policy Making:証拠に基づく政策立案)への適用や、EBPMの課題など、非常に示唆に富んだ内容をご発表頂きました。続く質疑応答では、司会の西川政策アドバイザーやフロアを交えて、活発な議論や問題提起が行われました。

成田 悠輔

  • イェール大学助教授

西川 正郎

  • 東京財団政策研究所 政策アドバイザー