【米大統領選UPDATE③】ショートウェビナー「バイデン新政権人事の分析」

写真提供:Getty Images

【米大統領選UPDATE③】ショートウェビナー「バイデン新政権人事の分析」

発表資料はこちら

アメリカ大統領選挙から約4週間が経過し、いまだにトランプ大統領は公式に敗北を認めていないものの、バイデン新政権の人事は着々と進んでいる。122日時点で、既に大統領首席補佐官や国務長官など重要ポスト、経済チームの人事が発表されている。これら人事発表から見えてくるバイデン新政権人事の特徴とは何か、そして民主党内左派の動きに対し、バイデン氏はいかに対応していくのであろうか。

本ショートウェビナーでは、「2020年アメリカ大統領選挙と日米経済関係プロジェクト」プロジェクトメンバーである宮田智之氏(帝京大学法学部准教授)が、122日時点で発表されているバイデン政権の人事を解説するとともに、今後予想される人事や民主党内左派の反応について読み解いていく。

 <ポイント>

122日時点で発表されたバイデン新政権人事
・バイデン新政権人事の3つの特徴
・今後予想される人事
・民主党内左派の反応と圧力

 

▶「2020年 アメリカ大統領選挙特集ページ」はこちら 

宮田 智之

  • 帝京大学法学部准教授