Experts
研究者

城山 英明/Hideaki Shiroyama

城山 英明 Hideaki Shiroyama

  • 研究主幹

1989年東京大学法学部卒業。1994年東京大学大学院法学政治学研究科助教授、2006年東京大学大学院法学政治学研究科教授、2010年東京大学公共政策大学院教授。東京大学政策ビジョン研究センター長(2010-2014年)、東京大学公共政策大学院長(2014-2016年)、未来ビジョン研究センター長(2021-)を兼務。2015年2月-文部科学省科学技術・学術審議会臨時委員、2016年7月-2020年7月公文書管理委員会委員、2016年10月-総務省AIネットワーク社会推進会議構成員、2017年9月-日本学術会議連携委員、2018年4月-内閣府自治体SDGs推進評価・調査検討会委員。

【兼 職】
東京大学大学院法学政治学研究科教授

研究分野・主な関心領域

  • 行政学
  • 科学技術と公共政策
  • 国際行政論

研究プログラム

科学技術政策システムの再構築


主な著作等

著書(単著)

城山英明『科学技術と政治』ミネルヴァ書房、2018年

城山英明『国際行政論』有斐閣、2013年

著書(共編著)

城山英明編『グローバル保健ガバナンス』東信堂、2020年

Derk Loorbach, Julia Wittmayer, Hideaki Shiroyama, Junichi Fujino, and Satoru Mizuguchi, eds. Governance of Urban Sustainability Transitions: European and Asian Experiences, Springer, 2016.

城山英明編『大震災に学ぶ社会科学第3巻:福島原発事故と複合リスク・ガバナンス』東洋経済新報社、2015年10月。

Hiroshi Komiyama, Kazuhiro Takeuchi, Hideaki Shiroyama, and Takeshi Mino, eds., Sustainability Science: A Multidisciplinary Approach, United Nations University Press, 2011.

城山英明編『政治空間の変容と政策革新⑥ 科学技術のポリティクス』(共編著)、東京大学出版会、2008年

城山英明・西川洋一編『法の再構築Ⅲ 科学技術の発展と法』、東京大学出版会、2007年

城山英明編『科学技術ガバナンス』東信堂、2007年

鈴木達治郎・城山英明・松本三和夫編『エネルギー技術導入の社会意思決定』、日本評論社、2007年

 

論文(単著)

城山英明「社会における科学技術のガバナンスと専門家の役割」(電気学会倫理委員会編『鋼鉄と電子の塔:いかにして科学技術を語り、科学技術と歩むか』(森北出版、2020年)

Hideaki Shiroyama, “Japan’s Response to the COVID-19,” Paul Joyce, Fabienne Maron, and Purshottama Sivanarain Reddy, eds., Good Public Governance in a Global Pandemic, Brussels: IIAS, 2020.

城山英明「グローバルリスク・ガバナンスとその限界」(『思想』1149号、2020年)

城山英明「人と機械の役割分担」(『季刊行政管理研究』167号、2019年)

城山英明「行政におけるAI・ロボット等の活用の展望と課題」(『行政&情報システム』580号、55巻4号、2019年)

城山英明「SDGs未来都市の系譜と今後の課題」(『都市問題』110巻7号、2019年)

城山英明「人工知能とテクノロジーアセスメント-枠組み・体制と実験的試み」(『科学技術社会論研究』第16号、2018年)

Hideaki Shiroyama, “Risk Management in Japan,” Ali Farazmand, ed., Global Encyclopedia of Public Administration, Public Policy, and Governance, Springer, 2018.  

Hideaki Shiroyama, “Nuclear Safety Regulation before the Fukushima Accident and Post-accident Reform,” Keiichi Tsunekawa, ed., Five Years After: Reassessing Japan's Responses to the Earthquake, Tsunami, and the Nuclear Disaster, University of Tokyo Press, 2016.

城山英明「複合リスクとグローバルガバナンス-機能的アプローチの展開と限界」(杉田敦編『岩波講座現代4:グローバル化のなかの政治』岩波書店、2016年)

城山英明「リスクの拡散と連動にどう対応するか」(遠藤乾編『シリーズ日本の安全保障8:グローバル・コモンズ』岩波書店、2015年)

Hideaki Shiroyama, “Nuclear Safety Regulation in Japan and Impacts of the Fukushima Daiichi Accident,” Joonhong Ahn, Cathryn Carson, Mikael Jensen, Kohta Juraku, Shinya Nagasaki, Satoru Tanaka, eds., Reflections on the Fukushima Daiichi Nuclear Accident: Toward Social-Scientific Literacy and Engineering Resilience, Springer, 2015.

論文(共著)

江間有沙・城山英明「AIのガバナンス」(稲葉振一郎・大屋雄裕・成原彗・福田雅樹・渡辺智暁編『人工知能と人間・社会』勁草書房、2020年)。

AitongLi, YuanXu, Hideaki Shiroyama, “Solar lobby and energy transition in Japan,” Energy Policy, vol. 34, November 2019.

Yasushi Katsuma, Hideaki Shiroyama, and Makiko Matsuo, “Challenges in achieving the health Sustainable Development Goal: Global Governance as an issue for the mean of implementation,” Asia-Pacific Development Journal, vol. 23, no. 2, 2016.