東京財団政策研究所

詳細検索

東京財団政策研究所

EXPERTS

研究員

山澤 成康/Nariyasu Yamasawa

主席研究員

山澤 成康

Nariyasu Yamasawa

最終更新日:2022年07月20日

1962年生まれ。1987年京都大学経済学部卒業。日本経済新聞社データバンク局、同編集局経済部、スタンフォード大学客員研究員、日本経済研究センター研究員などを経て、2009年4月から跡見学園女子大学マネジメント学部教授に就任。2016年4月から2年間総務省統計委員会担当室長を務める。2017年3月埼玉大学で博士(経済学)取得。

【兼 職】
跡見学園女子大学マネジメント学部教授

研究分野・主な関心領域
  • 経済統計
  • 経済予測
  • 景気分析

研究プログラム
エビデンスに基づく政策立案(EBPM)に資する経済データの活用


主な著作等

<著書>

西村清彦・山澤成康・肥後雅博(2020)『統計 危機と改革』 日本経済新聞出版

Nariyasu Yamasawa (2018), “Comparison of the Potential Competitiveness of Asian Countries,” The Future of Southeast Asian Countries: Population Change, Climate Change, Management of Japanese Companies and Competitiveness, chapter 7, pp. 92-109, Yachiyo Shuppan.

小巻泰之・山澤成康(2018)『計量経済学15講』新世社

山澤成康(2018)『ディズニーで学ぶ経済学』学文社

Nariyasu Yamasawa (2018), “A Survey of Flash Data and Nowcasting in Japan,” A Dynamic Use of Survey Data and High Frequency Model Forecasting, chapter 1, pp. 1-22, World Scientific.

跡見学園女子大学マネジメント研究会(2012)『逆転の日本力』、イーストプレス(編著)

山澤成康(2011)『新しい経済予測論』、日本評論社

山澤成康(2010)「GDPギャップの月次化と景気判断―バンドパスフィルターによる計測」、浅子和美、飯塚信夫、宮川努編『世界同時不況と景気循環分析』第3章、pp.45-63、東京大学出版会

山澤成康(2004)『実戦計量経済学入門』、日本評論社

 

<論文>

山澤成康(2021)「GDP統計の改善はどこまで進んだか」、『東京財団政策研究所 REVIEW』 No.9、東京財団政策研究所

山澤成康(2021)「機械学習による景気局面判断の分析」、 『跡見学園女子大学マネジメント学部紀要』第31号

山澤成康(2020)「フリーランスの数をどう把握するかーシェアリングエコノミーの統計的把握」、『季刊国民経済計算』、No.166、内閣府経済社会総合研究所

山澤成康(2019)「シェアリングエコノミーの把握と国民経済計算への反映に向けてシェアリングエコノミーの定義と生産物分類」 、『季刊国民経済計算』 No.165、内閣府経済社会総合研究所

山澤成康(2018)「計量テキスト分析による景気判断-コーディングルールや主成分を使った時系列分析」 ESRI Discussion Paper Series No.345、内閣府経済社会総合研究所

Nariyasu Yamasawa (2015), “The Impact of the Great East Japan Earthquake on Japan’s Economic Growth,” International Journal of Economics and Finance.

研究員への取材のお申込みや
お問合せはこちら

お問合せフォーム

BY THIS AUTHOR

この研究員のコンテンツ

VIEW MORE

PUBLICATIONS

出版物

INQUIRIES

お問合せ

取材のお申込みやお問合せは
こちらのフォームより送信してください。

お問合せフォーム