Experts
研究者

橋本 淳司/Junji Hashimoto

橋本 淳司 Junji Hashimoto

  • 研究主幹

水ジャーナリストとして水問題やその解決方法をメディアで発信する。社会課題の解決に貢献した書き手として「Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2019」受賞。アクアスフィア・水教育研究所代表として、学校、自治体、企業などと連携し水に関するプロジェクトを実施。東京学芸大学客員准教授、国際協力機構(JICA)専門家就任(日中節水循環型都市構築プロジェクトに参加)、参議院第一特別調査室特別調査員(「国際問題、地球環境問題及び食糧問題に関する調査・報告 世界の水問題と日本の対外戦略」)など歴任。現在は武蔵野大学工学部環境システム学科客員教授。水環境学を担当。

【兼 職】
アクアスフィア・水教育研究所代表/武蔵野大学工学部環境システム学科客員教授

研究分野・主な関心領域

  • 水環境
  • 水インフラ
  • 気候変動と災害
  • 環境教育

研究プログラム

日本の水をめぐる実態の現状分析と未来ビジョンの形成ならびに水を通じた持続可能な地域の構築に向けた政策提言に関する研究


主な著作等

『水のおもしろ不思議雑学』(インデックスコミュニケーションズ/平成9年8月)
『水の大研究 不思議な世界をのぞいてみよう』(PHP研究所/平成17年11月)
『水問題の重要性に気づいていない日本人』(PHP研究所/平成19年1月)
『おいしい水 きれいな水』(日本実業出版社/平成19年11月)
『世界が水を奪い合う日 日本が水を奪われる日』(PHP研究所/平成21年7月)
『明日の水は大丈夫? バケツ1杯で考える水の授業』(技術評論社/平成21年11月)
『「箇条書き」を使ってまとまった量でもラクラク書ける文章術』(大和書房/平成22年4月)
『67億人の水「争奪」から「持続可能」へ』(日本経済新聞社/平成22年5月)
『瞬時に話す書く技術』(すばる舎/平成22年12月)
『日本の水がなくなる日』(主婦の友社/平成22年12月)
『世界と日本の水問題(全5巻)」―『水と人びとのくらし』『水と環境問題』『水をめぐる争い』『水と人々の健康』『水問題にたちむかう』―(文研出版/平成23年3月)
『安全な水はどう確保するか?』(主婦の友社/平成23年7月)
『水は誰のものか〜水循環をとりまく自治体の課題〜』(自治体議会政策学会/平成24年10月)
『日本の地下水が危ない』(幻冬舎/平成25年1月)
『通読できてよくわかる水の科学』(ベレ出版/平成26年8月)
『いちばんわかる企業の水リスク』(誠文堂新光社/平成26年10月)
『100年後の水を守る 水ジャーナリストの20年』(文研出版/平成27年6月)
『水がなくなる日』(産業編集センター/平成30年4月)
『水道民営化で水はどうなる』(岩波書店/令和元年6月)