Experts
研究者

藤田 卓仙/Takanori Fujita

藤田 卓仙 Takanori Fujita

  • 主席研究員

2006年東京大学医学部卒業、2011年東京大学大学院法学政治学研究科修了。名古屋大学経済学研究科寄付講座准教授等を経て、2018年から慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室特任准教授。 専門は医事法、医療政策、特に医療AIやオンライン診療も含む、医療情報の取り扱いに関する法制度や倫理。社会的活動として、内閣官房 接触確認アプリに関する有識者検討会合 委員、日本整形外科学会 倫理委員会 委員等。 主な著書:『薬価の経済学』(日本経済新聞出版社、2018)、『認知症と民法』(勁草書房、2018)、『認知症と情報』(同、2019)、『認知症と医療』(同、2020)、『次世代医療AI:生体信号を介したAIとの融合』(コロナ社、2021)

【兼 職】
慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室 特任准教授

研究分野・主な関心領域

  • 医事法
  • 医療政策
  • 医療情報
  • 医療AI
  • 医療データ
  • 遠隔医療

研究プログラム

ポストコロナを見据えたヘルスシステム・イノベーションに関する研究


主な著作等

  1. Keisuke Izumi, Kazumichi Minato, Kiko Shiga, Tatsuki Sugio, Sayaka Hanashiro, Kelley Cortright, Shun Kudo, Takanori Fujita, Mitsuhiro Sado Takashi Maeno, Toru Takebayashi, Masaru Mimura and Taishiro Kishimoto. Unobtrusive Sensing Technology for Quantifying Stress and Well-Being Using Pulse, Speech, Body Motion, and Electrodermal Data in a Workplace Setting: Study Concept and Design. Front. Psychiatry, 28 April 2021. https://doi.org/10.3389/fpsyt.2021.611243.
  2. COVID-19を含む感染症対策のためのIT活用 (コロナと共に生きる世界・社会と法) -- (小特集 感染症対策の法と医療 : 新型コロナ問題の背景は何か) 藤田 卓仙 法律時報 93(3), 74-77, 2021-03
  3. 高齢者の詐欺被害防止に向けた消費者安全確保地域協議会の活用と個人情報の課題 江口 洋子 , 田部井 美千代 , 藤田 卓仙 国民生活研究60(2), 109-129, 2020-12
  4. Sumali B, Mitsukura Y, Liang KC, Yoshimura M, Kitazawa M, Takamiya A, Fujita T, Mimura M, Kishimoto T. Speech Quality Feature Analysis for Classification of Depression and Dementia Patients. Sensors (Basel). 2020 Jun 26;20(12):3599. doi: 10.3390/s20123599.
  5. Arisa Ema, Katsue Nagakura, and Takanori Fujita. Proposal for Type Classification for Building Trust in Medical Artificial Intelligence System. Proceedings of the 3rd AAAI/ACM Conference on Artificial Intelligence, Ethics and Society (AIES), 2020, NY, USA, doi: 10.1145/3375627.3375846.
  6. 医学・医療分野における人工知能と知的財産 藤田卓仙 BRAIN and NERVE Vol.71 No.7 July 2019、P705-714、医学書院、2019年7月1日
  7. 医療情報の利活用の今後――つくり,つなげ,ひらくための制度設計 藤田卓仙、米村滋人 論究ジュリスト(2018年冬号)No.24, P135-141
  8. 遺伝/ゲノム情報の改正個人情報保護法上の位置づけとその影響 藤田卓仙、山本奈津子、米村滋人 情報ネットワーク・ローレビュー 第15巻, 58-82、2017年10月
  9. Takanori Fujita, Hiroaki Higashitsuji, Hisako Higashitsuji, Yu Liu, Katsuhiko Itoh, Toshiharu Sakurai,Takahiro Kojima, Shuya Kandori, Hiroyuki Nishiyama, Motoi Fukumoto, Manabu Fukumoto, Koji Shibasaki, and Jun Fujita. TRPV4-dependent induction of a novel mammalian cold-inducible protein SRSF5 as well as CIRP and RBM3. Scientific Reports 7, Article number: 2295 (2017) doi:10.1038/s41598-017-02473-x.
  10. 医療・医学研究における個人情報保護と改正法の影響

藤田卓仙 Law & Technology No.74  25-34 2016年12月

  1. Yamamoto N, Kawashima M, Fujita T, Suzuki M, Kato K. How should the legal framework for the protection of human genomic data be formulated?-Implications from the revision processes of the Act on the Protection of Personal Information (PPI Act). Journal of Human Genetics Apr;60(4):225-6 2015年1月
  2. 藤田卓仙「8.2 医療AIの法律と倫理」計測自動制御学会 編、藤原 幸一編著、久保 孝富編著『計測・制御セレクションシリーズ 1 次世代医療AI - 生体信号を介した人とAIの融合 -』、コロナ社、2021年6月、ISBN 978-4-339-03381-6
  3. World Economic Forum White Paper, Good Data: Sharing Data and Fostering Public Trust and Willingness, April 30, 2021.
  4. World Economic Forum White Paper, Resetting Data Governance: Authorized Public Purpose Access and Society Criteria for Implementation of APPA Principles, April 23, 2021.
  5. World Economic Forum White Paper, APPA – Authorized Public Purpose Access: Building Trust into Data Flows for Well-being and Innovation, January 17, 2020.
  6. 藤田卓仙「10 医療・医学研究における個人情報保護法の解釈と課題」甲斐克則編『医事法講座第9巻 医療情報と医事法』信山社、2019年6月30日、ISBN:9784797212099
  7. 藤田卓仙・小賀野晶一・成本迅(編著)『認知症と情報』勁草書房、2019年6月24日、ISBN;9784326449767
  8. 成本迅・藤田卓仙・小賀野晶一(編著)『認知症と医療』勁草書房、2018年12月30日、ISBN:9784326449750
  9. 小賀野晶一・成本迅・藤田卓仙(編著)『認知症と民法』勁草書房、2018年11月30日、ISBN:9784326449743
  10. 藤田卓仙・宮田裕章「ICTの活用が拓く新しい薬価制度」小黒一正・菅原琢磨(編著)『薬価の経済学』日本経済新聞出版社、P227-250、2018年7月20日、ISBN: 9784532134860