東京財団政策研究所

詳細検索

東京財団政策研究所

[ワーキングペーパー] The Timing of Government Debt Reductions in the Presence of Inequality

July 21, 2020

TKFD Working Paper Series No.20-01
猪野明生/小林慶一郎
2020年7月, 経済政策・経済思想ユニット

 本文ダウンロード [PDF:521KB](英語)

概要

本稿では不完備市場モデルを用いて消費増税の延期の効果を分析した。分析により、人々の反応は資産保有量により異なるという結果が得られた。資産量の少ない人は消費増税を先送りするとより大幅な消費増税が必要になるため早期の増税を好み、資産量の多い人は先送りにより政府債務が増えることで金利が上昇し、そこから利益を得られることから先送りを好むためである。そのため、社会厚生がどう変わるかは資産保有量の分布によって決まると考えられる。

Abstract

In order to reduce the government debt, should we increase the consumption tax early or late? This paper uses the incomplete market model to assess the effect of a delay of a consumption tax hike. The result shows the different welfare effect on households with different asset holdings: Poor people prefer early restructuring as late restructuring require a larger increase in consumption tax, and Rich people prefer late restructuring because it increases the interest rate. The overall change in the social welfare is determined by the endogenous distribution of assets.

注目コンテンツ

BY THIS AUTHOR

この研究員のコンテンツ

0%

PROGRAM-RELATED CONTENT

この研究員が所属するプログラムのコンテンツ

INQUIRIES

お問合せ

取材のお申込みやお問合せは
こちらのフォームより送信してください。

お問合せフォーム