【参加登録受付中】5/24開催 ウェビナー「新型コロナ パンデミックの終焉に向けて」

写真提供:Getty Images

【参加登録受付中】5/24開催 ウェビナー「新型コロナ パンデミックの終焉に向けて」

参加申込はこちら

開催概要(オンライン開催)

2022年5月24日(火)20:002130
事前登録制/参加無料/Zoomウェビナー使用/使用言語:日本語(一部英語、同時通訳有)

新型コロナの流行は終息の兆しが見えませんが、多くの国が規制緩和に舵を切りつつあります。

我々の未来のシナリオとは。パンデミックを終わらせるゲームチェンジャーとは。
各国の対コロナ戦略の分析も交え、国際社会、そして、我が国が、パンデミック後の世界を迎えるための鍵を、Nature Medicine誌に発表したハーバード大学の向川原充先生に講演頂きます。

当日は、新型コロナウイルス感染症対策分科会メンバーの小林慶一郎研究主幹、元キングス・カレッジ・ロンドン教授の渋谷健司研究主幹、群星沖縄臨床研修センター長の徳田安春主席研究員、シンガポール政府の新型コロナ対策に深く関わるシンガポール国立大学公衆衛生大学院院長のYik-Ying Teo先生、米国の感染症専門医であるミシガン大学のPayal K. Patel先生にも参加頂き、日・米・英・シンガポール、各国の事例と共に、多角的な視点より議論いたします。

講演・ディスカッション後に、質疑応答の時間もご用意しておりますので、どうぞお気軽にご参加下さい。(当日、Q&A機能で質問頂ける他、事前質問も募集しております)

研究プログラム紹介ページ:「ポスト・コロナ時代における持続可能かつレジリエントな医療・看護・介護システムの構築に関する研究」


◆ 登壇者
▼メインスピーカー

向川原 充

沖縄県立中部病院(内科・感染症科研修)、同県立宮古病院での勤務の後、2019年に渡米。ハーバード大学ケネディ行政大学院を経て、現在同大学政治学部博士課程在籍中。専門は国際関係論、計量政治学、公共政策学。東京医科歯科大学医学部卒、ハーバード大学ケネディ行政大学院公共政策学修士(グラハム・アリソン・フェロー、ロバート・ベルファー国際関係論最優秀修士論文賞受賞)。                               

▼ コメンテーター

小林 慶一郎

東京財団政策研究所研究主幹、新型コロナウイルス感染症対策分科会メンバー

渋谷 健司

東京財団政策研究所研究主幹、元キングス・カレッジ・ロンドン教授

徳田 安春

東京財団政策研究所主席研究員、群星沖縄臨床研修センター長

Yik-Ying Teo

シンガポール国立大学公衆衛生大学院院長

Payal K. Patel

ミシガン大学医学部助教授


◆ 当日次第
20:00~ 向川原先生ご講演
20:30~ パネルディスカッション
21:00~ 質疑応答
※発表内容、順番等は当日変更になる可能性がございます。ご了承ください。

参加申込はこちら

渋谷 健司/Kenji Shibuya

渋谷 健司

  • 研究主幹

研究分野・主な関心領域

  • グローバルヘルス
  • 疫学
  • 統計学
  • 医療経済
  • 医療政策

研究プログラム

ポスト・コロナ時代における持続可能かつレジリエントな医療・看護・介護システムの構築に関する研究

小林 慶一郎/Keiichiro Kobayashi

小林 慶一郎

  • 研究主幹

研究分野・主な関心領域

  • マクロ経済学
  • 金融危機
  • 経済思想

研究プログラム

感染症対策の定量的分析:モデルの検証と拡張による「感染症経済学」の構築

フューチャー・デザイン 世代を超えた持続可能性に関する意思決定手法の構築

多様な国民に受け入れられる財政再建・社会保障制度改革の在り方:行動経済学・政治学の知見から

徳田 安春/Yasuharu Tokuda

徳田 安春

  • 主席研究員

研究分野・主な関心領域

  • 臨床疫学
  • 臨床医学
  • 医療教育学
  • 臨床推論
  • ヘルスサービスリサーチ

研究プログラム

健康危機に対するヘルス・レジリエンスの構築に関する研究