エビデンスに基づく政策立案(EBPM)に資する経済データの活用

プロジェクトメンバー

エビデンスに基づく政策立案(EBPM)が重要であるとの認識が高まっている一方で、経済全体を分析するマクロの経済データに限っても、EBPMに資する経済データが十分にそろっているとは言えない。本プログラムでは、(1)政策を意思決定した時点の情報群である、リアルタイムデータ(=時点ごとに利用可能であるデータ)の整備とそれを用いた政策評価、(2)現下の景気を早期に的確に判断できる景気指標の開発や代表的な経済指標であるGDPを早期に推計するGDPナウキャスティング、(3)企業が経済活動を行う中で生成されるデータ(オルタナティブデータ)の利活用を通じ、政府統計では早期につかむことのできない経済動向の把握、(4)政府の統計改革の検証と提言、(5)予測担当者の研究会を通じた日本経済の中長期展望――の5つの柱で研究を進めることで、EBPMに基づく政策評価やデータ整備を行う。

研究代表者

飯塚 信夫/Nobuo Iizuka

飯塚 信夫

  • 研究主幹

研究分担者

平田 英明/Hideaki Hirata

平田 英明

  • 主席研究員
小巻 泰之/Yasuyuki Komaki

小巻 泰之

  • 主席研究員
大塚 芳宏/Yoshihiro Otsuka

大塚 芳宏

  • 主席研究員
浦沢 聡士/Satoshi Urasawa

浦沢 聡士

  • 主任研究員
山澤 成康/Nariyasu Yamasawa

山澤 成康

  • 主席研究員

(アルファベット順)