【動画公開】「教員の資質能力の維持・向上をどのように考えればよいか?」走井洋一教授講演

画像提供:Getty Images

【動画公開】「教員の資質能力の維持・向上をどのように考えればよいか?」走井洋一教授講演

R-2021-098

教員の「資質能力」の向上を目指して、長年にわたってさまざまな改革が重ねられてきました。それはどのような効果をもたらしているのでしょうか。
「教員の資質能力の維持・向上をどのように考えればよいか?」
をテーマに、講師に東京家政大学家政学部教授の走井洋一氏を招き2022年3月28日に研究会を開催しました。
研究プログラム代表の松本美奈による走井氏へのショートインタビューと、当日の走井氏による発表およびプログラムメンバーとの議論の様子を、動画と発表資料にてご紹介します。

発表者 
走井 洋一(東京家政大学 家政学部教授)

研究プログラムメンバー
松本 美奈(研究代表者/東京財団政策研究所 研究主幹)
貝塚 茂樹(東京財団政策研究所 研究主幹)

インタビュー(話者:走井洋一/インタビュアー:松本美奈)

講演「教員の資質能力の維持・向上をどのように考えればよいか?」(走井洋一)

発表資料はこちら

走井 洋一

  • 東京家政大学家政学部教授
松本 美奈/Mina Matsumoto

松本 美奈

  • 研究主幹

研究分野・主な関心領域

  • 教育
  • 労働
  • 社会保障

研究プログラム

教職の制度設計を再構築する 量の確保・質の担保の視点から

貝塚 茂樹/Shigeki Kaizuka

貝塚 茂樹

  • 研究主幹

研究分野・主な関心領域

  • 日本教育史
  • 道徳教育論

研究プログラム

教職の制度設計を再構築する 量の確保・質の担保の視点から