[ワーキングペーパー] Political Economic Transition and Output Loss: Evidence from Japanese Political Economy 1990-2005

TKFD Working Paper Series No.20-04
加藤創太
2020年12月, 経済と民主主義ユニット

 本文ダウンロード [PDF:1,370KB](英語)

概要

本ペーパーは包括的な制度転換が、たとえより効率的な制度を志向するものであっても一次的なアウトプットの低下をもたらすメカニズムについて、理論と実証で示す。包括的な制度とは、複数の補完性を持つ制度の組み合わせを指す。それぞれの制度の転換スピードが異なるため、包括的な制度転換はその転換過程で制度間の補完関係が崩れ、たとえより効率的な包括的制度を志向する転換であっても、一次的なアウトプットの低下を招く。実証部分では、この理論モデルについて、1990年以降の日本で実施された包括的な制度転換の例を採り、産業別のパネルデータ分析を行う。その結果は、1990年以降にそれまでの日本の制度間の補完性が崩れ、それがアウトプットの低下につながっていることを示した。

Abstract

This paper theoretically and empirically examines why an extensive reform of a political-economic system, including a reform toward a more efficient system, invites a temporal, and often substantial, loss of economic output. A political economic system is composed of a set of institutions that complement each other. During an extensive reform, such a complementary relation between institutions gets lost because different types of institutions change in different speeds. The loss of institutional complementarities, in turn, leads to an output loss. I formally show conditions under which even a reform toward more efficient system invites an output loss. The theoretical model was empirically verified by the Japanese panel data of 57 industries thru 1990 to 2005. Empirical analyses show that an extensive neoliberal reform during the era loosened complementary relations among key institutions of post-WWII Japanese political economy; the loosened complementary relations, in turn, led to loss of industrial outputs.

加藤 創太/Sota Kato

加藤 創太

  • 研究主幹

研究分野・主な関心領域

  • 比較政治経済
  • 政治学方法論
  • 世論と経済政策

研究ユニット

経済と民主主義ユニット