Experts
研究員

平沼光

平沼 光 Hikaru Hiranuma

  • 研究員・政策オフィサー

日産自動車株式会社勤務を経て、2000年より現職。 現在は東京財団政策研究所にて資源エネルギー分野のプロジェクトを担当。 また、内閣府 日本学術会議 東日本大震災復興支援委員会 エネルギー供給問題検討分科会委員、福島県再生可能エネルギー導入推進連絡会系統連系専門部会委員を歴任するほか、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 低炭素社会戦略センター特任研究員も務める。

研究分野・主な関心領域

  • 資源エネルギー問題
  • 環境

研究ユニット

資源・エネルギーユニット

実施プロジェクト

  • エネルギー転換における新たな資源リスク(2017-)
  • 資源エネルギー(2010-16)
  • エネルギーと日本の外交研究(2007-09)

著作等

  • 単著
  • 『2040年のエネルギー覇権』(日本経済新聞出版社、2018年11月)
  • 『日本は世界一の環境エネルギー大国』(講談社プラスアルファ新書、2012年3月)
  • 『日本は世界一位の金属資源大国』(講談社プラスアルファ新書、2011年3月)
  • 共著
  • 『社会イノベーションと地域の持続性』共著(有斐閣、2018年12月予定)
  • 『シリーズ日本の安全保障 第八巻~グローバルコモンズ』共著(岩波書店、2015年10月)
  • 『宇宙船地球号のグランドデザイン』共著(生産性出版、2013年12月)
  • 『原発とレアアース』共著(日本経済新聞出版社、2012年8月)
  • “ANNUAL REPORT ON JAPANESE ECONOMY AND SINO-JAPANESE ECONOMIC & TRADE RELATIONS –Japan Energy Situation and Energy Strategy Transition Study Report-”共著(中国社会科学院、2015年5月)

東京財団政策研究所での研究成果

  • 「転換期における日本のエネルギーミックス構築に必要な視点」(政策提言、2016)
  • 「日本のエネルギー政策再構築~電力統合体制(Energy Integration)を構築しエネルギーの多元化を実現せよ~」(政策提言、2014)
  • 「日本の資源エネルギー政策再構築の優先課題~制約条件から導くエネルギー像と取り組むべき中長期的課題への提言~」(政策提言、2012)
  • 「日本の資源・エネルギー外交の優先課題2:環境・エネルギー技術をツールとした東アジア戦略への2つの提言」(政策提言、2010)
  • 「日本の資源・エネルギー外交の優先課題 ~米露・原子力と中国・レアアース~」(政策提言、2009)
  • 「エネルギー転換がもたらす鉱物資源リスクに備えよ」(論考、2018)
  • 「限界費用ゼロが引き起こすエネルギー・ゲームチェンジ ~原発か再エネか、ベースロードの確保、電源別コスト・・・、古典化する日本の議論~」(論考、2015)
  • 「あらためて考える日本のエネルギー政策~エネルギー基本計画閣議決定を受けて」(論考、2014)